カテゴリ:旅( 30 )

20180103 ~浅草名所七福神 人波人ごみ




f0052956_13523930.jpg





冒頭から泣き言を書くが、 正月三が日にこの七福神を巡るのはお勧めできない。
大混雑の浅草寺、浅草神社をものともしない行列タフな方を除いて。



1月3日に詣でる慣習は数年前から続き、 これは4日が官庁も合わせ初出社となるあたりから、
我が家ではこの日程がなかなか動かしがたい、
ので、この年2018も同日の初参りになったのだが、 例年詣でている深川界隈は昨年末の事件でどうもゲンが悪いので避けた。
ちと横道に逸れるがゲン担ぎ、の語源は縁起 それの逆さ言葉で えんぎ、ぎえん ぎぇん げん、となったと聞いている、余談でした。


雷門の先は物凄い人出になっていることはすぐにも承知の件、
その昔は浅草の西北、荒川区町屋に長く住んでいたので、 仲見世の大渋滞は勝手知ったるところではあった。
六曜では先負けだったこの日、今考えれば午前中に混雑部分をやり過ごせばよかったかもしれなかった。
現実には初手から大行列では士気も下がろうと考えて浅草寺浅草神社は最後に回し、
まずは 待乳山聖天 毘沙門様からのお参りをスタートした

f0052956_13560948.jpg

個人的にはこの隅田川のそば近く、観光にぶれない体のこちらが一番好ましかった。
雰囲気としか言い様は無いが、この感じ、
神社仏閣に違いはあるが、
愛宕神社や、芝大新宮のような長い階段を上って詣でる形式が好きだった
浅草寺の山号は金龍山だが、待乳山には龍の舞い上がった言い伝えがあり、
聖天さまは浅草寺の子院、という事もあって、金龍山の名が付いたらしい


待乳山から今戸神社は程近い、 四,五分歩いて到着すると驚く、
f0052956_13584216.jpg
すごい混雑なんで。 で、その理由だが 招き猫発祥の地との事で、いたるところに猫の品々が飾られた、
通称ねこ神社、
今しばらくは人気だろうと思われ、 また、縁結びの神様でもあるようで、若い人の参拝も多かった。
f0052956_13591793.jpg


そこからまた北に少々歩くと、次は布袋尊を祀った、 橋場不動院に到着する。
車道から細い参道がすっと伸びて、その先に小じんまりとしてある 静かなお寺でした。
f0052956_14154813.jpg


更に北に進み続けるとしばらくして白髭橋北詰の交差点があり、 ここを越えると左手に石浜神社 寿老神となる。

f0052956_14170480.jpg
こちらもなかなかの人出で、各々の寺社に人気もあるのだろうけど
なんとなく近ごろの御朱印ブームと言い、参拝も人気なんではと思わないではない。


ここから約30分の徒歩、西へ西へ向かい、所番地、千束あたりを目指す 次は弁財天を冠する吉原神社、

f0052956_14175647.jpg

吉原大門のすぐ近く、予想はしていたが、所謂吉原の中を横断する形、 もちろん娘は何も分からないが、嫁が町の異様さをいち早く察し、驚いていた。 間違いなく1月3日、営業中。

お風呂に入るのに、4万円てねえ、あんた、、、・




ちなみに最近時代小説、吉原裏同心をちまちまと読み続けていて、 吉原、浅草一体が専らの舞台となるこの小説は、遊女の小説でもある。
テレビドラマ化もされ、主演は昨年話題を賑わした小出恵介ときた。
とにも、男女の情、愛憎は絶えることはない、
捉え方によってはドロドロともするがこれも人間の一片、
俯瞰するように読ませて頂いている。




感慨深い吉原神社を後にすると、鷲神社まではすぐ。 路地をくねって大通りに出ると、面する見上げるほどの大鳥居。





f0052956_14182871.jpg

なんといってもお酉の大本尊という事で、商売繁盛を願うのか、 ここもなかなかの参拝行列。
そしてそのわけが分かったが、お賽銭箱の前に、 なでおかめなる、巨大な木造のおかめ仮面があり、 撫でる場所ごとにさまざま御利益があるという事で、皆さんこれを撫でまわしている、
ので 列の進みがすこぶる遅い。 またこの頃からなんだか北風の強さが増してきて、
じっと並びに付いているのは大分体が冷える状態になってきていた。
まあでも、こちらでも御朱印を頂き無事参拝を、つつがなく。

この後は方向を南に、浅草ビューホテル方向、合羽橋方面に向かう。
ここで、遅いランチを。 毎年少し悩まされるのが、この昼食。
1月3日さすがにやっている店は少なく、 例年ファミレスなどをあてにしてだが、
今回は道筋にそれらも無く、 寒さに耐えて進むと、こてこての中華料理屋さん発見、迷わずIN.

めいめい好きなラーメンでも一杯ずつ食うか、と思っていたら、
女子はやっぱりとりとりが好きなのね、点心を所望された。
f0052956_14190299.jpg

まずは春巻き、アレンジのきいた揚げワンタン 娘の嗜好で本来なら焼き餃子だが、無いので水餃子。
f0052956_14221452.jpg
揚げワンタンは添えのケチャップで食べると子供みたいな味だが、 酢で頂くとまあまあ。
f0052956_14223402.jpg
春巻きはお見事だった。
f0052956_14225448.jpg













〆の(?)ラーメンに海老そばをたのみ、 頂いたが、蝦は数尾入っているものの、エビの風味が汁から全くしない。

f0052956_14231543.jpg

というか味がしない。 お湯ラーメンと言った印象で、仕様が無いから醤油を掛けたらすごく醤油臭くなった。










f0052956_14233122.jpg
五目焼きそばは結構美味しくいけた。



さて、エナジー充填で暖まった体、外で再度冷えるのは辛いが ここのよくわからん七福神だけど九ヶ所巡り、もう少しで完徹ですので、 頑張って歩きます。 国際通りを筑波エクスプレス浅草駅あたりで合羽橋方面に折れ、 先を西に進むと、道具街の一角にある、 矢先稲荷神社。福禄寿を祀る、
f0052956_14321063.jpg
稲荷神社は概ね五穀豊穣が謳い文句、という事で、願掛けて、 美味しい物を心穏やかに食べられますようにとお願いした。 あまり人出もなく、静かな佇まい。
もう目指すのは仲見世の先のみ、奥山おまいりみちを浅草寺に向け進む ここらではどの店も営業していて 寄席も小屋もフル回転、新春稼ぎ時なんでしょうね 戯れ言だが嫁がナイツが見たいらしい。 ナイツの馬好きのTさん、のお子様がうちのちびの小学校に入学して来たとか そのような理由によりカミさんが、ナイツに肩入れしている。
3時過ぎ浅草寺に到着、恐ろしいほどの列、 参拝はあっさり諦め、社殿脇でおみくじを引くも、これが

凶!

さっさと小枝に結んで厄払いとさせて頂きました
f0052956_14330517.jpg
御朱印を頂き今度は浅草神社の列に並ぶ、こちらは待てないほどでもなかったが 寒さは堪えた。 l御朱印もなかなか進まない並びだが、ようやくこれも終えて やっと浅草名所七福神の色紙が完成となりました。
f0052956_14351191.jpg

多分もう三ヶ日には浅草七福神は来ないな、けど 個別にまたお参りしたいところは2,3あった。
僭越ながら格別な信仰心の無い人ほど七福神参りなどするのだ という、身も蓋もないことを言うが 信仰の拠り所は事物にはないのだと思う。 行為そのものが目的となりご利益は副産物と言うのが仏心 物の始めは信じる心と、歩く事、遍路の山道を登ることになぞらえて考える 日本人たる者の節操も無く幾か所も詣でる事を恥じず、徳を求め得をのぞまず 事は一歩一歩から始めそれ以上でもなくそれ以下でもなく、ただ続けていくことが 祈りだなどと思う中、 この習慣は続けていきたいと思っています


次回、考えが纏まれば禅とマインドフルネスについて 少し書きたいと思う。
























おまけ
ここ浅草に来るとおんな子供は必ず寄るこちら
壽々喜園


f0052956_14352035.jpg
お抹茶ジェラート頂いてご満悦のことよ。
f0052956_14352409.jpg







[PR]
by c7 | 2018-01-11 15:16 |

20130810-11娘と二人旅、オートキャンプ、、、雑感





f0052956_15254748.jpg




嫁からしてみれば十把一絡げ

あなた、山でテントで寝泊まりして、御飯も自分で煮炊きするんだから、
きっと娘にキャンプの極意を教えられるでしょ、の、ごとくの提案に
軽く眩暈、

山テントと、オートキャンプは似て非なるより遥かに遠いよ

それでも娘にアウトドア?なる物は体験させたいと思い、
無い知恵を絞ってインターネット検索まくり、
必死で組み立てたよお出かけプランそしてバーべキューのあの手この手

さて当日が

f0052956_15262324.jpg


6:30の出発も快調と思いきや、
お盆の入りの大渋滞、中央高速は上野原まで、
35kmどん詰まり。

最初のコース予定地、

f0052956_15264660.jpg


明野のヒマワリ園は1時間半遅れで到着、
少々高地のようだけど、まったくもって猛暑。
でも、ヒマワリも木々もそしてトンボも愛くるしかった。
f0052956_1527473.jpg


焼きトウモロコシ屋の屋台が大爆音でかけるレッチリは、なんだかなあ。

押せ押せだけど、
外せない野菜の収穫体験、
何故って、焼きトウモロコシの皮つきってやつをどうしてもしたかったから、

トウモロコシ二本、キュウリ三本、茄子二本、トマト三つで、
800円は、すごく良心的だと思う、
そもそも東京暮らしの僕らは生きていた、繋がっていた野菜を数時間で口にすると言う贅沢は
ほぼ出来ない。
その体験としてでならおつりも出るくらいじゃないかな。

f0052956_15273134.jpg



ようやくキャンプに到着出来たのが、2時過ぎ、

テント設営だのなんだで2,30分、
早速の川遊びを始めたら、もうニジマス釣りに出かける時間は無くなってしまった。
それはもうでも割愛で良いと思った、この熱波の中よく寄り道楽しんだから

川は、日照りのせいか、水量は少なく、流れは淀みがち、
猛暑のせいで水もぬるい、もちろん外気も涼しくない
ま、後で聞けばこの日甲府は40℃越えだったとか、
海抜700m程度のキャンプ地では、涼風は期待するべくもなかったかも
f0052956_15281935.jpg



色々体力使ったせいだろうか、美乃里、夕方4時過ぎの焼きそばをぺろりと平らげ
念願の皮つきもろこしBBQ
f0052956_15283747.jpg

この辺で実際娘の食欲は失速してました。
焼きポテチ、チロチロ、冷やしキュウリちょぼちょぼ。

f0052956_15285796.jpg


日が沈み、段々と夜の帳に映えるのは、
隣のあんちゃんたちの直火キャンプファイアー、

見とれる娘に、
f0052956_15291815.jpg

どうぞどうぞとお兄さんたち、
会話のテンションからもこてこての関西人と思われ、
子供も垣根なくスムーズに混ざって、
弾けてました。

花火もあかんやつや(持ってはいけないやつを持つ)とか、
色々楽しませてくれました、

f0052956_1529406.jpg


最後は焚き火の前で美乃里考案の焚き火のポーズを皆さんで。

f0052956_1530239.jpg


ほんと、関西の人らは陽気だね、そして子供も飽きさせない・


すっかり夜更かしして、翌朝目覚めもダラダラと、

ならシャキッと朝の川でも入りましょう、ヒュウヒュウ

f0052956_15302279.jpg

てな感じでかけつければ、
水は澄んで、冷たく気持ちいい。
朝日を拝みながら、二人だけ娘と川をこの朝は凄く楽しめた。

f0052956_15305566.jpg


もう、盛りだくさんだし、
かなり二日酔いだし、
イベントは最後のぶどう狩りだけにした。

f0052956_15311163.jpg


金額は、ちょっとどうかな、食べ放題、持ち帰りは禁止。1300円。
二日酔いでそんなに食べられないし、

でも、
”私はオーナーじゃなくて、パートなの”
f0052956_15313079.jpg


と言う案内のおばちゃんが、
まあいいわよ内緒よ、と
実に沢山の種類のブドウの実を味見させてくれて、
実はブドウが好きで無い私も、結構楽しめて。
ほんと,都会じゃないとこの優しさってあるよなと思う。


雑感として言うなら、僕がキャンプにはまるかと言うと、多分そうでもない。
BBQと同じ見解なんだけど、何がしたいのか良く分からないところがある、
楽しいな、と言う感じもするんだけど、
なんか、自然に対しての禁忌みたいな、冒涜みたいなものが
心のしこりにあって、我を忘れて楽しめない。
なにかがブレーキ掛けてる感じを覚える。

自分の体で、背負えるだけの荷物を持って、
山の中で薪を拾う、
そう言うのが僕の中の原風景なんだと思う。

ただ、
自然と戯れるってことを、もっとシンプルに陽気に楽しめる人なら、
オートキャンプはかなりお勧めできる


事実としてみたこともない娘の一面を見、共有し、
励まし合い、理解し合った。

美乃里が最初に選んだトマトが、一番美味しかった、
それは親ばかだろうけど。
f0052956_15315396.jpg


まさか自分が子供に対して馬鹿のようになれると思ってなかったから、
お父さんは嬉しかった。

そしてこう言う思い出が、
アップしておけば、
いつでもいつまでも世界中で見られとして、
なんとなくそれもいいよな。



15年後、すっかりすれた娘などが出来てたら、
あの頃はねえと、見せてみたいもんです
[PR]
by c7 | 2013-08-12 15:34 |

山形探訪記 ~ チャン家の章





今でも付き合いのある、最古の知古
の、ちゃんが山形に暮らし始めて足掛け6年とか、
随分会って無かったが、この節、家を建て、そして薪ストーブがあるらしいとの情報が耳に



自称焚き火ジャンキーとして
これは車すっ飛ばしていくしかないと決意したのは、足の骨を折る前のG.W.。
延期すること半年、ついに先日山形探訪を果たしました。

新築の戸建てはおしゃまに広々として
渡辺篤史が建もの探訪
で、漆喰を誉めまくりそうな居住まい

で、早速ですが、垂涎の薪ストーブ
f0052956_12255467.jpg



これに着火し
さてそれではTシャツ一枚で
f0052956_12261726.jpg


酒膳スタート




f0052956_12264470.jpg


山形で揚がった魚で白ワインを頂いたり
f0052956_1227487.jpg


日本酒を頂いたり、
f0052956_12272486.jpg


赤ワインを頂いたり
f0052956_12274794.jpg


飲み干すのに夢中で途中の食事画像が無いですが

この夜のメイン、
名物、芋煮

の、芋が凄い
"なんでも甚五右ヱ門芋(じんごえもんいも)"
f0052956_12282129.jpg


と言うその里芋は、限られた生産者佐藤さんのみの希少品

それだけ食べても背筋がしびれるような美味さ
それに最高の米沢牛をプラス
ネギなど野菜と一緒に作られた逸品
敢えてこう呼びたい
"プラチナム芋煮”

f0052956_12285075.jpg



そしてまた赤ワインを飲み

いつしかソファーで爆睡。















朝は
梅醤番茶(うめしょうばんちゃ)
でスタート

朝食のテーブルにて、

ひと際白く光る白米がこれまたレアアイテム

f0052956_12292421.jpg


亀の尾
と言う、コシヒカリや、現在の流通米の原点、原種らしい。

普段は白米をほとんど食べないが、
この時はあまりの美味さに大声でおかわり



出発前まで子供たちは仲良く、
f0052956_12305957.jpg


昼前、それではと辞去した。





3.11の出来事、放射能と言う闇
そしてTPP

農業に沢山の試練が立ちはだかってしまったかもだけど

頑張ってほしい、
美味かったあれやこれや、みんな地元の人たちの根気の上に出来ているのだと思い、
エールを送りたい気持ちは

しかし言葉には出来なかった。

いつまでも10代の悪友で在ろうとする心づもりが

おセンチなんかきっと
受け入れないからだろう
[PR]
by c7 | 2011-11-25 17:33 |

栗ド○棒 ~ 誰のものかは知りませんが

f0052956_12152726.jpg




トシボンヌ農場のほど近く
誰の土地とも分からない空き地に、
大きな栗の木が二本
あなととわたし、
仲良く栗拾い

f0052956_1216153.jpg


それそれは沢山で
しかも最後は木を揺らして更に採集の始末

f0052956_12165232.jpg




食とは、曰く奪い合いでもある。
美味しく頂きました。
[PR]
by c7 | 2011-11-21 17:31 |

ハイヤー水族館 ~ 港区52階

f0052956_12134195.jpg

安くは無いが、悪くない

今どきこういうの専門にプロデュースしてる人がいるんですね

f0052956_121433.jpg



ってな人の企画で、聞けば今年で三回目らしい
六本木ヒルズの展望フロアでの水族館仕立て
スカイアクアリウム2011

地方から金のなる木が 娘のおばあちゃんが来てましたので
連れだって行きました、


f0052956_12145116.jpg


水族館好きは、そうなんだけど、
本質好きなのは哺乳類なので、


今回の様な水槽物はそんなに興味無いんだけど
この展示の仕方、寒いほどの空調は


無暗な節電に抗ってるようで、好感が持てた。
f0052956_1215167.jpg


音楽も、考えられているんだろうが、
如何せん週末ではカップルから小さい子供まで若干の芋洗いで
響く空間は良いか悪いか、ざわめいてしまって、音楽どころではなかった



f0052956_12161116.jpg

ウーパールーパー。

f0052956_12163277.jpg


売ってました。




ワシントン条約では、国際間の移動は制限されてるんですけどーーー


養殖してるとのこと。
f0052956_1217326.jpg



うちでは確実にしむと思うので
遠慮させていただきます。



なかなかひやっとした場所で、楽しめました

f0052956_12175347.jpg


最後は冷やっとする動画で、しつこい残暑にお別れを。


[PR]
by c7 | 2011-09-12 12:19 |

そうだ、キャンドルじゅんに聞いてみよう、~はまべの蝋燭ナイト


f0052956_12205838.jpg





何年か前からこのイベントは続いている、
海の灯祭りと名付けられたこちら



精霊流しの様なものでもないし



エコイベントとも思えず、

ただ奇麗っぽいから
そんな理由の様な気がしてならない

まあただ、確かに奇麗だ
f0052956_12212020.jpg


山岳焚き火倶楽部の副会長としての身(嘘)
否定はしません
理由なんか無くてもいい


火遊び万歳

f0052956_12215921.jpg

[PR]
by c7 | 2011-08-15 12:25 |

大井埠頭にて

わたくし仕事がら、
ジャックバウワーが暴れたりするような
コンテナふ頭に行くことがあります。

ま。
滅多にはないですけど。

今日は、
シゲに付き合って、
貨物の中身をみたいと言う
税関の為にコンテナの中から、貨物を引っ張り出す。

というのを

横で見てました。。。

頑張れ
シゲ。


[PR]
by c7 | 2010-10-29 12:55 |

歌舞伎座までラン。 ~ 本題は七五三




ジャバ・ザ・ハットみたいな
目黒通りのラーメン屋の店長もお怒りの様子で
個人的には小林姉妹に興味は薄いが
海老蔵が、と言うか、梨園と女、
これは今ナウいテーマかと思い

歌舞伎座まで殴り込みに行って来ました
と言うか
朝っぱらから走ってきました。




f0052956_12173813.jpg


今は6時でも真っ暗ね

師走公演、もしかしたら海老ちゃんは出ていない。
どっちかって言うと新橋演舞場にいそう、芸者も。




もうすぐ取り壊しの歌舞伎座、
これで東銀座の外国人観光客に与える風情は
やや消えるかも。
f0052956_1217295.jpg


で、

本題は

むすめっ娘が
七五三

後の会食などはまた追って。










f0052956_1218475.jpg
[PR]
by c7 | 2009-12-02 12:20 |

山旅に ~森でわしも考えた







このねたは
若干の揶揄と
他人への反骨が出てしまったので、二度ほどアップを
考慮したんだけど、

懸念も晴れたと言える、ので

週末だし

ハードコアで。

ちなみに娘はぽにょぽにょみてるけど。。。
では・・・




帰って来ました
三年ぶりの山から、



その山の雨と雲の間、オイスカUSKトシボンヌ
と話しあった、あれやこれやの中

平日だけどたまにはハードコアに、
次の記事にも繋げるつもりで。





ここ10年来、いつの間にか流行になった
赤い革命家、チェ・ゲバラのネタ元は、
トム・モレロが率いるレイジ・アゲインスト・ザ・マシン、
およびそのフロントマン
ザック・デラロッチャ
がライブにつけ、必ず、チェの肖像を飾っていたからだろう、
そして
そのレイジの曲を
エンディングに配した
マトリックス、は
取りざたされないが、ロックの音楽と同一だと思う
”騙す奴らを容認するな”と言う点で。
この時のウォシャウスキー兄弟には拍手とテキーラを送りたい。
同時に、このザックの言葉は
今更ながら、大陸アメリカ人の人達の拠り所になると思う

目覚めろ、の言葉は、yesユーキャンのオバマより熱い


[PR]
by c7 | 2009-08-29 19:44 |

見上げればコアファイター ~ ガンダム実寸





燃えあがれ
燃えあがれ

燃え上がれ ~
君~よ 走るぇ~
まだ 怒りに燃える 闘志がある~なら
巨大な敵を 討てよ 討てよ 討てよ
正義の怒りを ぶつけるぉーー





立ちあがれ
立ちあがれ
立ち上が~れ 
君よ 叫ぶぇ~
まだ 絶望に沈む 悲しみあるなら
恐怖をはらって 行けよ 行けよ 行けよ
渦巻く血潮 燃やせ 

蘇える ~
蘇える
甦える 
君よ 掴め
まだ 愛にふるえる 心があるなら
平和を求めて 翔べよ 翔べよ 翔べよ
銀河へ向かって 翔べよ 






やーーー
書くとこっぱずかしいですな

10歳の頃が懐かしい・・・
[PR]
by c7 | 2009-07-09 12:55 |