2009年 09月 28日 ( 1 )

2009年9月北アルプス表銀座デイ1

f0052956_2133811.jpg




では、
今回の山旅を、




本物の山やからしてみれば
僕が行った行程も所詮は箱庭遊びだろうと思う、
技術的なものでいえば児戯に等しい。
しかし
これはどこかで別述するけど、
僕の山の目指すものは難所ルートではないし、
危険度を味わおうとしているのでもない。


ただ一言で言うなら、
もっと遥かに、遠くへ。



そんな想いの中
この旅のことを帰って人に聞かれると
どうしても上手く言えない、
こういう言葉は無いが、表現無量という感じだろうか



言葉が進まない

それだけまずお断りさせて下さい、

これで酔って書こうもんなら、
おセンチウサギになるし
またともすれば自画自賛という墓穴を掘る

なので、兎も角も時制順に
初日の前半の思い出を。



まず、要約すると

f0052956_216139.jpg


大混雑、

とっつきの中房温泉は
たくさんの登山者で混雑し、
登りも渋滞、
が、しかし、こちらとてなんだかペースが上がらない
息も苦しい、
足も上がらない、
やはり2年間のブランクは大きいのか・・・
もしくはおっさんだからか・・・

何とか合戦尾根の休憩所まで来ると、一息つける、

f0052956_2163096.jpg



このあたりから足の遅い人は少し後方に交わされ始めていた。


休憩地からすぐ先の登山道で
今回の大きな目的だった
あいつが見えてきた、この旅の初お目見え

夏の黒い鬼、
天刺す、槍ヶ岳。

f0052956_2172989.jpg





一気に気分が上がったし、
足も上がりだした

中継地点の
燕山荘まで、そして燕岳の往復に、
目安にされるコースタイム通りの経過時間、を要し
これは壮年者としてはあまり芳しくない。
次の日、次の次の日と、コースはさらに過酷になる予定のなので
少々の不安も感じ、
それでも自分を鼓舞して今日のテント場まで休まず目指す。



f0052956_223499.jpg


まずは燕岳山頂からの展望で
今回はさようなら






[PR]
by c7 | 2009-09-28 12:46 | 山歩き