銀座inzジャポネ ~ そこに麺があるからだ。が






、、激しいニンニク臭は家庭の乱れになる
家庭の乱れは国家の乱れ
国家の乱れは宇宙の乱れ

と、二郎の社訓を引用しつつもそれも反して
我が家はにんにくを拒否する動きである

渓に向け、ウェイトも絞らねばと炭水化物を節制しているものの
時にガス抜きをしたいと思うこともあり、
しかし
二郎では国家の乱れ

そこで最近の気になるキーワードの
ロメスパ、てなんでしょう?
と調べたら有楽町というか銀座inzに
その手のスパゲティー屋があるとのことで、
早い帰宅の際、
寄ってみました。
f0052956_12465428.jpg


ここには
普通盛り、大盛り(ジャンボ)横綱
とサイズがあり、
横綱を完食したら
親方という裏メニュー
親方を完食したら
理事長という裏メニューに辿り着くシステムらしい


この晩はまず控えめにジャンボで。。。

待つ間の、二郎の時のような
少しだけの緊張感と期待、と恐怖感。

思えばラーメン二郎の中毒性というのも
この辺りに要因があるかもしれない

言い知れない感覚で待ったよ10分少々、

現れたスパゲティーを見て
、なんとなく拍子抜け。

f0052956_12474641.jpg


それほどの達成感もなく完食。。。

ちなみにテーブル調味料に
巨大なタバスコとパルメザンチーズ
(パルメッジァーノではない)

f0052956_12481570.jpg


があり、これは重宝だが、
だがしかし
はっきり言えば、
これ家で作れますね。というくらいの味
むしろ甘いし、小松菜も特にいらないし
ナポリタンというよりは
ケチャップゲティー


二郎って家で再現するのは結構大変だし、
しかも二郎以上の味にするハードルはヒマラヤほど高い

それに比べるとこのスパゲティーは
安易に家庭で再生可能

であれば量が1kgであろうが、2kgであろうが
いくらでも対面することができて、
二郎のように恐怖心に往復ビンタくらって、それを克服する
まさに山と同一の絶頂感を味わうのは不可能だ。


ま、大盛りハンターみたいな人もネットでは散見するけど
おれはそうじゃないな




二郎を食う恍惚とは比べるべくもない
[PR]
by c7 | 2014-09-10 19:00 | 外食


<< 20140915大雲取谷~ 紆余曲折 還るべき場所 笹本 稜平 ~じ... >>