<   2015年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

川苔山百尋の滝 ~ 日常と言うものの変換



f0052956_12173318.jpg




正直写真で絵になるポイントは少なく
極論言えば百尋の滝くらいしかないのだけど

山道として意味深い趣きも感じたので
久々ブログにしてみようかと思います


奥多摩の名瀑、百尋の滝、それとワンセットの
川苔山(川乗山)は
なかなかの人気で
言葉も少々古びてきたが、
”山ガール”も、徒党を組んで入山してくる

メインの百尋の滝⇔川苔山を結ぶルートはそれらの有象無象が
ひっきりも無しに上り下りするが

今回のコースは
逆斜面からのルートで
全くの人気薄。

振り返れば入山口、そして下山終点には
それぞれ神社がありその人気薄が功を奏し

f0052956_1218031.jpg


森閑としたその佇まいに思わず厳粛な気持ちにもなり
神も仏も信じないで彼岸に行った(?)男の息子としても
霊験を感じたりして。

人っ子一人いない赤久奈尾根(赤杭尾根と書く)は、
奥多摩にしては意外とスケールが大きく、
巨大な森のような登山道を一人歩き楽しませていただいた

尾根の名ともなる、赤久奈山の頂きは、また無縁仏のように儚いが
これもまた山、三角点のしるしもありました
f0052956_12181827.jpg








f0052956_12183666.jpg


川苔山頂上直下の分岐で一旦向かいの尾根を滝まで下り



f0052956_12185353.jpg


その真横にて昼食は不朽の名作サッポロ一番味噌ラーメン

f0052956_12201668.jpg


最近は山飯礼讃なるようなツイッターもあって
バリエーションも多いけど
一世代前の山オたちは、必ずと言っていいほど
インスタントラーメンを携帯して山に入った。
昔は山でのインスタントラーメンの比較サイトまであった

なんだかきわめて人工的な食べ物が
大自然の中で食される妙な交錯を思いもするが
もうこれは習慣なので。


この滝オプションのルートは一般的な周回コース、
プラス、行程上では3時間半のタイムとなり、
あまりのんびりも出来ず頂上に登り返した




f0052956_12192263.jpg


登り返して1時間半、14:30の山頂は人気もひと段落した感だが
それでも遅いランチの登山者もまだ多い。
結構のんびり組も多いね、初夏だから日も長いし。

秋ならばちょっとその時間まで頂上に居るのは考えてしまうな
とか、考えながら
早々に下山。

あとはいつもの消化試合の体の下りをひたすら降り、
下山道終着点には
熊野神社がひっそりとあった


f0052956_1219473.jpg



僅かばかりのお賽銭で無事とこれからの幸せをなんとなく祈るさ中
賽銭箱の脇に視線を下すと
東京は多摩の銘酒
澤乃井のワンカップが供えられていた
なんとも粋なお供え。


正直なところ、
単独登山はメインでは無く
どちらかと言うと同行者を求めて日々電話を掛けるのだが
たまの一人歩きは、頭の整理にも良いし、
また、静謐と無音の音を感じるにはそれも最適だと思う。




日々是非日常。
[PR]
by c7 | 2015-06-07 20:15 | 山歩き