<   2014年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

5月めし ~ 野菜とミート



f0052956_17462368.jpg



どうしようもなく放置のブログも果たせるかな昨今のショートSNSにかまけるばかりで
たまにはこちらでのらりくらり書こうかと、思うネタもあまりに日常の、
家飯。



まずは業務連絡的になりますが
最近娘がディヴェラのパスタを好んで食べている
1.85mmの太いほうで、これはちょっとどん臭いんだけども、
まあよろしい。
f0052956_17464570.jpg



頂き物の空豆で夜食開始、
今年二度目の地のもので、皮も柔らかく甘く、見た目も美しい
f0052956_17479100.jpg



サラダには産直のおかひじきを少々
f0052956_17472351.jpg



ホタルイカは今回オリーブオイルとバルサミコで試してみた、が、
少々の生臭さが。ここで柚子胡椒を僅かに垂らすと、ぐっと美味くなった
f0052956_17474054.jpg



f0052956_17475324.jpg

有機野菜のアスパラはバターでいためて塩味だけで、で十分美味い
f0052956_17484012.jpg


ちなみに猫さんが買い置きのワインを出してくれた、
すわDOCGではないか。
f0052956_17485255.jpg

で、しかも輸入元、ドンキ?

f0052956_1749335.jpg


そして抜栓、驚きのファイバーコルク4cmも無い短さ、
f0052956_17491585.jpg

まあ、味はでもそこそこでした、キャンティー。

最後に出るプリモ(?)は、ボロネーゼ風ミートソース、コンフンギ
f0052956_17492792.jpg


麺量/120gは盛る我が家のソースはちと足りていず、
仕方ないので、父は麺がち、これをオリーブオイルどぼどぼ掛けて食うのがおれ流。、

f0052956_17494238.jpg


数少ないレパートリーの中から、しかも娘がリクエストするのは
ここのところカルボナーラか、ミートソースばかり、

カルボナーラは薫陶受けた通り、クリームを使わずローマ風を目指しても、
目指してもその仕上がりは運でしかなく、プロとの隔たりは埋まりがたい

ミートソースにしてもボロネーゼには程遠く、たどりつく気配も感じない

ただしかしやり続けることがその道だと地道に思う、し、

最前の四国旅行、うどん学校で改めて知った、塩と麺の関係性。
実はどこかの高名なイタリアの料理人が、うどんを食べた記事があり、
”パスタは茹でるときに塩を加える、うどんは茹でて塩を抜く、”
”しかしこれには深い関係がありそうだ”
のような事を言っていた

どれだけの水で塩をこれ、と入れて
麺をゆでる、
これだけとしても、また一つ重要な事を学ばされた気もする。


日々是精進
[PR]
by c7 | 2014-05-29 17:52 | 家ご飯