<   2013年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

やすやすバローロ~ カ―ムダウンサンデー


f0052956_1254145.jpg






先週、気付けば
水曜金曜土曜と午前様で
財布の紐も全開なら、もちろん家族の憤懣も勃発だろね!
すわ、と思った所そうでも無い猫さんの
、、ちょっと懐の深さに改めて敬意を表し



しかも安かったので
バローロ買って帰ったよ日曜日


f0052956_1261147.jpg


マルケシニ バロ―ロ

イタリアピエモンテ州より

f0052956_1263233.jpg



抜栓直後は重さが全くないので

f0052956_1272110.jpg



少々気抜けしたが、輝く赤レンガ色だけでも気分は出た。

f0052956_127387.jpg


酸味は柔らかく渋みはバランスがよく
決して重厚では無いけど輪郭のぼやけないまあまあ良い味だった

だって1980円だし





生クリームが余ってるのでカルボナーラなんかどう?
って伺いだったが

バロさんの薫陶よろしく最近はカルボナーラならクリームを使わない
ローマ風、出来るならカチョエペペもどきを思っているもんだからカルボは拒否し

リングイネ、トマトクリームのシーフード、コンフンギ エ ズッキーニ
見た目カオスですけど、

f0052956_1275515.jpg


意外とまとまりました
[PR]
by c7 | 2013-02-28 12:18 | 美酒

20130210痛飲会メンバー一人しかも自宅。





家族、夫婦というのも新しい時代で
古い人生観とは狭間の世代の感がある自分にとっても
若い嫁は自由でもよく、
たまには幼子を持つ者同士、
平たく言って”ママ共と飲みに行ってきます”
の言葉に
”じゃあ、俺もその日がっつり飲む”
みたいなのもある。




同様に最近の嫁はきっとすぐ実家に泊まりにゆき、
うちでも、娘共々じいじばあばと和気あいあい、暖かい夕食に興じる

そんな日はこっちは1人(正確には猫と一緒だが)多感に触れ、もの想うにはもってこいの夜



まず一杯やるのに思い付いたのが牡蠣
牡蠣が喰いてえ、これをスタートにこの夜はスタート。


ワインを飲もうかと思ったがもう少しハードにそして下品がよく
ということでテネシーウイスキ

f0052956_12154156.jpg



それなら牡蠣は生よりも
で、

牡蠣のコンフィ、


これは低温で仕上げるのがコツだ、っつても、
家庭用コンロでどうしたもんか考慮の末
後藤フットボール五徳の二段重ね!超危ない。


f0052956_1216718.jpg



これを酔った後することはきっと出来ないので、素面で待つ

15分少々熱したところで五徳から降ろし、

では今夜の痛飲会メンバー一人しかも自宅
久々出したよバカラ。に、少々アンバランスなジャックダニエルをどぼどぼ


f0052956_12162812.jpg



それにロックフォール、と、更に不可思議にルール違反的に酒をぐびぐび

f0052956_12164263.jpg



牡蠣のコンフィ一個一杯のジャックを飲みながら久々に1人読みたくなったのは



f0052956_12203547.jpg






もちろんの星野道夫メモリー



f0052956_1217462.jpg


写真に胸打たれる物もあるにはあるが、
なにより生半可な詩人さえ気付けないような鮮明な智慧の様な
天啓めいた(ま、この人は事実クリスチャンだが)
言葉が酒の酔いで倍の力で脳に響く。

同じく心魅かれる風景と文章の写真家、藤原新也が
暗黒面にも臆さないブラックチーフと呼ぶなら
本当に星野道夫は白い天国の使いのような人
あまりにも沢山の事を得ながら、決して汚れて見えない稀有な人だったと思う。

星野道夫を通してなら
風も山も人も悪童だった時には決して見えなかった部分が見えてくる、



一つのチーズと
一つの肴に一本のウィスキー(全部飲んだ)
プラス、濃い一冊の写真集で十分にトランス出来る人生だから
まだまだ死ぬにはもったいないね
[PR]
by c7 | 2013-02-19 12:24 | 美酒