<   2012年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

グラッツェミッレと叫ぶアルバイト~ サルバトーレクオモ







中目黒でサルバトーレが家族経営でリストランテを開いていた頃を知る人も
最近はあまり居ないかも知れないが
相当な評判の店だった、
当時私は貧乏花屋で店はそのすぐそば、テーブル装花を買いに従業員がやってくることはしばしばあったが
食べたことは正直なかった。
f0052956_12503231.jpg




ほどなく兄弟達は喧嘩別れしたという噂が流れ、店はあっという間にすたれたが、
ここからクオモの快進撃が始まったのだ。

その頃でも日本製粉の経営出店だったパルテノペなど
結構美味いナポリピッツァを提供していたが、
生粋のナポリ人のクオモが出す店はことごとくセンセーショナルで
話題をさらい、雑誌に持て囃され、女子は憧れ(クオモ人物にも)
チェーン展開を始めてもその勢いは持続された。

かといって個人的にそれほど興味はない、
そこここに有るチェーンの店のピッツアを誰が焼いているか
想像すれば回避は妥当だが、
さる事情で一度くらいは試してみようかと思い、
探せば生活圏内豊洲の商業ビルの一角に有りまして、

行ってみました。 
プレーゴ


f0052956_1246197.jpg

店は黒板チョークなど今風ジャパニーズイタリアンな風情、
店舗の規模の割に従業員は多いかな、と言う印象だった。

多分大学生とかのバイトだろう。


f0052956_12461872.jpg

メニューはファミレス風


子連れに最適のフレンチフライは
娘に好評で追加注文した。
f0052956_12464539.jpg



小腹足りなそうでオーダーするもう一品のニョッキクアトロフォルマッジョは
どことなくクリームソース、小麦粉結構入ってるような味わい。


そして意味が分からいんですが
DOCと呼ばれる、
名物らしきピッツァが登場、

f0052956_12471125.jpg

美しく、
それらしい

だけど、。
f0052956_1247303.jpg


だけど真実のナポリピッツアでは無い何故ならバイトの大学生が焼いているから。
か、若しくは駆け出しの三下が作っているから


実際クオモ本人が厨房に居るわけでないことは100も承知、
が、その薫陶は100のうち、1つか2つ程度しか伝わってなさそうだ


ピッツァは高級な食事でも高度な料理でも無いだろう、
でも真髄に気付かないでは完成品にはならないと思う。






f0052956_1247562.jpg


店にはお手軽そうで微笑ましいイタリアワインが沢山並び、
従業員の笑顔も可愛いっ茶可愛い。
仕事帰りに友達とワイン3本くらい開けるとか、それはもう楽しそうだが、

grazie milleを暗号の様に幾度も叫ぶねえちゃんの店で
イタリアンは味わえる気がしない。


久々鎌倉に行きたくなるような土曜の午後でした・

シラスピッツア食いたい。
[PR]
by c7 | 2012-08-20 12:53 | 外食

新富町 蕎麦流石~さすが一等地



f0052956_12264794.jpg



もう一風吹けば、新蕎麦の季節となってdancyuも特集を組むだろう

この記事はだけど新緑香る頃、5月の過ごしやすい銀座の外れの散歩中
ふらっと寄った午後二時


蕎麦所、 流石本店

f0052956_12265889.jpg

店内はジャズミュージック、

酒は日本酒だけでなくシャンパンまで。

蕎麦が本筋には違いないようだが
場所柄か飲みスケ歓迎の雰囲気バリバリ。



盛りは産地を選別して数種類提供し、
味の違いを比べてみて下さい、と
日本酒利き酒セットの様な趣きのメニューがある
f0052956_12271194.jpg


その産地はあまり記憶にないが
味は確かに結構違った。

f0052956_12272169.jpg

見た目結構しっかり目だが
頂くとかなり繊細で、
しかも三口くらいで終わる量。

上品には違いないがこの価格設定は流石、東京銀座の範疇

おいそれと平民が家族と来るような場所でも無さそうだったが


子供にも変わりなく優しい接客だったのは好ましい。

暖簾、表札も味があったね


f0052956_12274981.jpg

f0052956_12275988.jpg

[PR]
by c7 | 2012-08-17 12:31 | 外食

201207 28-29 奥秩父 竜喰谷 ~ スプラッシュ



f0052956_1285734.jpg












久しぶりで記事を上げるのも恐る恐るで、
しかも最近は酒断ちと言う日々、
アップするならやっぱり





夏はこれって。
沢登り

f0052956_1282381.jpg




例年一度くらいしか遡行出来ていないが今年は是非もう一度
夏の冷涼山行したいね、と思うくらい、充実した沢登りだった、
のも実際詭弁で、遊び心満喫の悪ガキ旅行と言った感じだった。


奥秩父と言えば一昨年だったか遡行者が低体温で動けなくなり
救助のヘリコプターも墜落、記者は無理くり現場に向かい、途迷い
まさに三重遭難で
計 5人死亡、

危険を伴う山がらみではかなり悪名高くなった事件だろう
入山者だけでなく人の命も巻き込む可能性のある山登りに何故行くかと聞かれれば、


以下の様に考え中、若しくは考えない中



たとえ単独で山に入り、運を果たして骸になったとて自己責任では完結しないだろう。
そこのところ考えても理性で辞めろと言う白い天使と欲望で進めと言う黒い堕天使が
決着を着けないので


精神のバランスに折り合いを着けないつつ
バランスに任せているまま・


なので悪い想像は一切しないで
滝を登る、
手掛かりを見つめるトシボンヌ
f0052956_1211585.jpg





きっちり弱点を見極めるYK
f0052956_12112292.jpg



ちなみにトシボンヌのカメラは防水でびしょ濡れ必至の沢でもシャッターチャンスは逃さない。


水中のカエル。

f0052956_12114494.jpg


話をルートに戻すならばこの竜バミ沢は山梨埼玉の県境に流れる一ノ瀬川水系の沢で
滝が多いこと、その分まき道も確保されているので難易度を変えて楽しむ事も出来る万人向けのコース

ノーヘルでロープも出さない私たちパーティーでは
シャワー直登は正直選べないケースも多い。

せめてメットくらい持って行こうかなと思った沢でした・つまりそれくらい滝が多い。


と言うことで
最後は

滝壺
6連発ダイブ。
塩素一滴も入って無い天然飛び込みプールの入水感はその冷たさも相乗的に、
効く。







勿論
夜は焚き火で終了
f0052956_12123731.jpg

色々焼いてみました。

f0052956_12125273.jpg

f0052956_1213234.jpg

[PR]
by c7 | 2012-08-07 12:15 | 山歩き