<   2012年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

白菜パスタ ~ 宅配野菜より






二回ほど、チャンさんの所から野菜を買ってみている。

確かに送料もあって安くはない、
収入が余るほどの贅沢者ではないので
時たまって頻度だが

しかし美味い

大根が西瓜くらい甘い、って言って信じて貰えるだろうか

根菜は特に美味い。


実は子供の味覚というのは本当は驚くほど正直で
安全で新鮮なものを選び取る力に優れている。

果物を選択する時はそれがより著しく

イチゴでもリンゴでも、不味ければ一口で止めるし
美味しければ続けて食う

子供に安全で健康な食品を、というのも勿論だけど、
良いもの、美味しいもの、ステージの高い味、を理解する
そんな感度というか、アンテナを持って欲しいと思うに、
たかだか送料程の+αは、決して無駄な出費では無い


この晩はその送られた野菜のうちで
白菜のパスタ。
なんかすごく和風な。。

f0052956_12401321.jpg



歯ごたえもあってそして甘い。

完全にスパゲティーが負けました!
[PR]
by c7 | 2012-01-26 12:42 | 家ご飯

今ごろのキッヅプレート ~ 豊洲 








自慢じゃないが
僕は焼き肉なんて子供の時に一度も食べたこと無かったし、
寿司だって出前しか知らなかった。

人に言わせれば遠い昔かもしれないが
確かにそんな時代もあった。
かつては歌舞伎町や銀座のおねえちゃんを誘って行くのが正しい作法だったのだと思う。

今では子供の喜ぶ外食の2トップ間違いなしで
そのうちファミリーおでん屋、なんて類も登場するかもしれない。
消費のカギは子供、そして勿論女性に主体が移っているのは間違いない。

一個人としては角打ちや場末で肉体労働者、破滅者たちを支援したい気持ち満々です。



とか言っても女子供という家族には到底歯向かえず
巨大ショッピングモールで似たような子供連れに埋もれ
昼飯を頂く。

f0052956_12394187.jpg



古い記事も穿れば結構お子様用プレートを食べさせてはいるが
はっきり言って、
大抵は不味い、こんなの食わせていいのか、
よっぽど子供の味覚に失礼だってば。

それなら大人の物トリトリして食わした方がましだと思うが
いかんせん、おまけのおもちゃで子供は吊られてしまう。

f0052956_1240444.jpg



普通に注文して餃子は普通、不味い事も無い。
f0052956_12402879.jpg



不親切でもないし、店内は清潔で酔っ払いもいなければ
フィリピン人を口説いている商店街のオヤジもいない。

ただなんと言うか子供だましというか、
家族連れ集客がモットーと言うか
f0052956_12411287.jpg


子供用の食事がその押し出しようとは裏腹、ぞんざいに作られているだけに
そう揶揄したいだけかもしれない。
[PR]
by c7 | 2012-01-24 12:43 | 外食

メリークリスマス焼き肉とな ~ 台場平城苑





師走、
地域住民に対してサービス券が投函され、
食べ物の割引、それに飲み物に至っては

半額っ!

っつーことで、
飽きもせず、て言うか飽きる事のない焼き肉は我が家の鉄板飯

台場平城苑。

賛否両論ある平城苑だけど、
肉はよろしかろと思う。
ただその値段出すんだったら、本土なら他にもっと良い肉を食える所も多々ある、
って事で、
要はもうチョイ価格が低けりゃいいってことかと。。

詰まるところこの割引券で飲み食いのこの夜は
マッコリ二本も飲んじゃったり


結構満足でした





チャンジャ、
f0052956_12462821.jpg



キムチ、
f0052956_1247622.jpg

いつものながら外さずに。




正直ここん所焼き肉も調子づいてるけど、

f0052956_1248460.jpg


このお肉も悪くないです。

f0052956_12485241.jpg


ってか、美味しい。

f0052956_12492334.jpg

f0052956_12494611.jpg




内蔵は、まあ、まあ。

f0052956_12501912.jpg







最後には好物のテグタンスープも食べられて、
f0052956_12505328.jpg


幸せな食事、




でももし割引券無かったら、きっと本土の焼き肉屋に行く。
[PR]
by c7 | 2012-01-16 12:53 | 外食

しつこく山形ネタ ~トラチャンカップ







つまりアップし忘れ、の酒+山形望郷





個人的には酒は一升瓶でなければならない、
理由は無い。
ただそうなっているからだ、そういう風に作られていて
その量を飲むようになってるいる、としか言いようがない。
四合瓶なんて、けっ




・・・しかーーし、昨今は小ロット流行りだし、
隠れた銘酒も数知れずで、
各々一升飲み切るのも体力的にもなかなk・・・・


300cc瓶なんて言うのも、まあ有りだったり。
土産に丁度いいと、ワンカップをコレクションしている人もいたして

と長いフリで、
ちまっと山形で買ったこちら。

千代寿虎屋株式会社
f0052956_12421879.jpg


千代寿ワンカップ
f0052956_12424549.jpg



桜花吟醸に代表されるような
米の味わいの深い甘口系の酒が主流と言われる山形らしいが、
こちら酒はさに非ず、
結構辛口、しかし淡麗と言うよりは味濃い風。

実は辛口の酒はあまり好まないんだが、
この、味が濃かったのが良いのか、または感情移入したのか
トラチャンカップ、結構美味しかったし、

案の定二人でワンカップじゃ、到底物足りない。
f0052956_12432324.jpg



やっぱ、一升瓶買ってればよかったじゃん、
と、
わたしの中の青い鳥がくっくくっく~
と叫ぶが、
わたしはそれを聞き入れない、
どうしてって、心のままに生きると、
きっと死ぬから
つまり理性を養うと言う事。


余談だけど
こなからとは、
酒でに二合半の事、つまり一升の半分の半分、

二人で五合酒、
これくらいが程良いのかも知れない



f0052956_12435431.jpg

[PR]
by c7 | 2012-01-13 12:46 | 美酒

大きな間違いは言い間違いから ~ サーモンパスタ







サーモンのパスタだって、勿論有りで
クリームとか、必然だろう。



が、

ツナのつもりでサーモンを使うととんでもない事になる
と言う事が分かった。


僕は頭の中でアマトリチャーナ風に、ツナを使うつもりだったが
買い物に出るうちの猫さんに、何故か口がサーモン買って、って言っていた。らしい。

しかしパスタ担当がすっかりツナのつもりでソースを作ってるもんだから、

買い物から帰ってきて、
???
ええい今更ツナに変えるのもどうか、なんならやってみっか、
の、出来上がりがこちら。

f0052956_12533894.jpg


上に乗った生サーモンは非常にえぐい。

サーモンにもパスタソースにも罪は無いが
あまりにもバランスを欠いた出来上がり、
f0052956_1254682.jpg



補足だが
これに合うワインはどこにもないと思います。
[PR]
by c7 | 2012-01-12 12:55 | 家ご飯

飲み食い散らかしてジビエ IN プロヴァンサル






あの鳥が食える、

その情報はちょうど一年くらい前のことでして、
立ち飲みフレンチを銘打つ新宿のプロヴァンサルでは
お手頃であの鳥が食べられるらしい、
ジビエの頃、もちろん国産ではないんだけど。


そんなこんなで先の11月末日に集まる山の有象無象、
まずはビールワインをがぶがぶ飲み、

f0052956_1242688.jpg


サバのソテーにレモン汁をじゅわ―とかけて頂いたり、
f0052956_12423218.jpg




期待でドキドキしたまま二本目のワインを開けたり
f0052956_1243722.jpg


そして、オーナーシェフの佐藤さんも
いつまで飲んでる有象無象に
しびれを切らして"もう出しますよ”と言うと、

ついにあの鳥が。
f0052956_12435554.jpg



ショットガンで仕留められているので、たまに鉛玉が出る事もあるとか、
注意して頂きます。
食感は部位によって若干違う、
足は結構しっかり、
上半身はやはり柔らかめ。

ありがたやありがたや、
食は命の搾取そして輪廻だと思わずにはいられない

いつかもし僕が山で死んだらその養分で、
木が萌え、小動物が木の実を齧り、猿鹿は樹皮を食べ
そして熊に食われたり、或いは人間にまた狩猟されたり、
そんな循環に加えて欲しいと思ったり、
いや、まったくそんな事は考えず。、
美味しい美味しいと、
その野鳥を頬張りました。

f0052956_12442224.jpg


気が付けば4人半で、立ち飲み代、
立ち飲みで
¥30,000.-。。。



ちょっと調子こき過ぎた雷鳥の会でした。
[PR]
by c7 | 2012-01-10 12:48 | 外食

昨年飲んだ美味しいワイン ~ シャトーピポー2005




大晦日、恒例で猫さんの実家に出向いたら、
お義母様が知り合いから貰ったワインだから、よかったら飲みなさい、
と。出してくれたのが、

サンテステフだった。。。

f0052956_12395024.jpg


思いっきり独り占めして頂きたいくらい上等なワインだったが
その様なわけにもいかず、ましてそこまで
アルコール20度の日本酒という、ぎりぎりの酒をしこたま飲んでたので
ワインは一杯にて終了しました。

高級ワイン、どれ位飲んでないかな、と考えてみて

これは高級だったか、と、思い当たったのが、

こちら

f0052956_124018100.jpg


CHATEAU PIPEAU

大体サンテミリオンより


夏も前の遠い記憶だが派手な味のワインだったような
タンニン、ベリー系のはっきりした、黒みがかったワイン。

f0052956_12404722.jpg



料理で合わせてみたいなら、血も滴るトナカイとか、ロッシーニとか。。。




実際は可も無い不可も無いパスタで頂いた様な気がする。




振り返れば昨年も怪我に泣かされ、入院やその為断酒、
山も低調だが、さりとて酒も旺盛にでは無かった。
今年は自分の厄も抜け、後は猫さんの後厄のみ

山は終生の習いだが、酒も今年は家でしっくりワインを楽しむ、など、
新年これを飲みスケとしての指針としたい。


f0052956_12412010.jpg

[PR]
by c7 | 2012-01-06 12:44 | 美酒

随園別館新宿本店 ~なんか不夜城ぽい





グランパシフィックの楼欄をきっかけに、
本格的なと言うか、チャイナ な、汁そばが食いたいが、
さりとて要りようも多い年の瀬正月、財布も少々お寒い、そんな時に
激しくお薦めの随園別館

f0052956_12324247.jpg


もちろん新宿。
ちなみに新丸ビルにもピカピカの随園別館があるが、どうも
価格が倍並みらしい。

こちらの看板にはこんな感じでびっくりお値段のランチなど
f0052956_12334851.jpg



早速この酸辣湯麺のセットを一人前




この一杯の酸っぱさ、甘さ、辛さ、とろみ、そして麺の喉越し
f0052956_12343012.jpg

ドンブリの中の小宇宙、大袈裟に言ってまさにコスモス。


そしてこちら自慢の芝エビ汁そば
f0052956_1235043.jpg


鉄鍋のほのかな匂い、高温で乳化した汁の舌触り
我が日本で大流行のラーメンとは一味違う汁そばです。

子供も少し食べる量が増え出したもう5歳、
追加は水餃子、
f0052956_1235352.jpg


皮の厚さが焼き餃子の比では無い、ので
多分これはこれで主食として成り立つんでしょうが、

我が家は最後にチャーハンを一口ずつ。
f0052956_12355992.jpg







客層は新宿三丁目という立地、出向いた買い物客なんかが多いかと思うと、
何故か地元風の普段着のおっさん、夫婦やらが多い。


何の商売にせよ、地域に愛されると言うのは息の長いに商いに繋がってんのだなと
感心しました。
[PR]
by c7 | 2012-01-05 12:41 | 外食