<   2011年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

このジャガイモから始めよう

f0052956_12241841.jpg




胸張って言えるわけでもないが
かと言え、後ろめたいつもりはない、山での怪我で、入院中
しかし、その間に友人の訃報が

覚えている限り、人生で最初の友達だったその人は
また、同じく幼馴染の仲間と結婚し
去る5月23日、生涯を添い遂げてしまった。
12歳の少年を残して

通夜、告別式ともオペ直後の病院からは抜け出せず、別れの対面も出来なかった。
この時はさすがに自分の怪我を恨んだが
そういう運命も何かの為せる業なんだろう

その人が急逝して約一カ月、古い仲間で集まる機会があり
故人の自宅を訪ね、ようやくお線香も上げられた

1人息子の小学生はサッカーに熱心で、
僕としては要らぬ気を廻したが、なんとかその情熱を持ち続けて貰いたい、
またそれが亡くなった母親にとっても本望ではないかと思った

その為に欧州で活躍する選手を含め、2,3人のサインと、Jリーグチームのユニフォームを
用意してくれた知人もいた。
どれ程励みになるかは分からないが、
いつか大きな舞台で少年の姿を見てみたい、勿論それは何と言っても両親の為にも、

生きていようといまいと。

主人の方も時に二人三人で飲んだりもしたなか。このブログにもアウディーU1の仮称で恵比寿の夜の顛末を書いた事がある。
その心中も想像できるようで、でも想像を超える。



その日集まった仲間の中には、自分も14,5の歳、母親を亡くし、
そして大人になって、女一人で子供を育てた同級生もいた
賑やかにしようと約束したその宴会の中でも時に涙を堪えられなかった、その姿も忍びなかった
僕なんかには掛ける言葉も無く、
へらへらと酒を飲んだ、口を開いたら気の利かない言葉ばかりの気がしたし
湿っぽくしても家族たちは救われるわけでもない。

事が重大ならその時ほど、黙然と飯食ってビールを飲み続ける、
そうして時間だけが過ぎるのを待つより他にはない

今更だけど人の死は取り返しがつかないし、今のところ奇跡も無い。
変えようがないのがはっきりしている事、を受け入れるのには、
時間しかない、場合もある。

それでも残されたものは生きていくので、
何か食べることは必定だろう



f0052956_12301716.jpg


帰り際、お土産に千葉の畑で手作りと言う、ジャガイモを沢山貰った。



f0052956_12304726.jpg


それを蒸かして食ったり、なんかこうパスタの具にしたりして
食べて、それで僕としての供養にしたいと思う。
[PR]
by c7 | 2011-06-30 12:32

ALOHA TABLE  銀座コリドー街 ~ コーヒーうまい







怪我の予想もしなかった、まだ春たけなわの土曜日、午後
車の便も良い銀座コリドー街で、なんか腹減ったと通りを物色し
ハワイ好きの、ハワイアン好きの我が妻猫さんのお眼鏡にも適う、

外食チェーンだが、雰囲気まあ、ありの

アロハテーブル。

f0052956_12181740.jpg


時間は14時近かったのに、案外人が入っていた。
ホリデービールもちらほら見かけるけども
こちらは車だし、パス。
それにコーヒーで良い感じだった。

それほど広くない店内に子供を連れて入場すれば
最初4人掛けの一番奥を勧められたが、
トイレ真横なので勘弁願った。
客あしらいとしては、トイレに近ければ近いほど貧相な、
と言うことになるので、要らんプライドで敢えて一番素敵なテーブルにして頂いた。
食道楽を自認するなら飲食店でのポジションはバカに出来ないの!

な、我がまま御一行はランチセット二つ。

ハワイってより、ロコモコ食いたかった。
f0052956_12185762.jpg

多分この前のテレビ、東野岡村の旅猿で美味そうだったからサブリミナルにキてたんだ。


猫さんは
”アヒポキ”

f0052956_12192677.jpg

直訳するとアヒ=マグロ のポキ=刺身、らしい。


コーヒーは飲み放題、
でこれは、完全なコナコーヒーでは無いんだけど、
美味しかったです。
美味しかったので、ホットもアイスも飲んだ。

正直クア・アイナほどの中毒性は無いが、
悪くない、お薦めできる。

f0052956_12232255.jpg



四捨五入すると五歳児とみなされる我が娘の食欲は
結構一丁前になりつつあり、
親の取り取りだけでは、物足りてない、。

こんな成長を見ていると、
女子とはいえ、中坊くらいになると、
すんごい食うだろうな。と、思う。
[PR]
by c7 | 2011-06-24 12:26 | 外食

入院顛末記 ~ 最後は脱走







今頃気付いたんだが、
このブログには槍ヶ岳の怪我以降、
入院したくだりを書いていなかった、

ので、
再びの顛末記ですが。


受傷後家近くの大学付属病院で診察の後、
なんとかオペを免れて会社にのこのこ松葉づえで通勤、
雨の日に転倒など二度ほどこなし、
やっぱ痛いね、なんて言いながら、
一週間後の再度の診察で言われた事にゃー
”手術しないとー、10年くらいで歩けなくなっちゃうかもよー”

・・・
それは困るので
結局入院、
そしてもれなくボルト&鉄板装着で、
鉄骨おじさんになりました。
勿論来年抜くけど。。

数えたら入院25日間、
長すぎんだろ、過保護だろ、。しょう●大學付属豊洲病院、
4年前、警察病院なんて、リハビリ一回も無かった。。。

、、、
いやまあでも、敢えてお世話になりました。
おかげで本だけは結構読めた。

6/12退院となったわけだがいままだリハビリは続いている、
まだお世話になります。


暇つぶしにオペ直後の酸素吸入の写真とかも撮ってみました。

f0052956_17473666.jpg


なんか自分の中の報道魂みたいなもの感じるな、
報道マンじゃないけど。


それぞれお見舞いにも来て貰いました。
皆さん御足労でした。そしてお土産ありがとう。

山はまだ遠い、
ちょいと飲みに行く酒場も松葉づえでは遠い。

しばらくは低空飛行も仕方ないけど
いつかは戻りたい山とBAR
[PR]
by c7 | 2011-06-17 17:50 | プロフィール