<   2010年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2010年 第二回0919 ジャンダルム




f0052956_1222726.jpg






ああ、行ったかと言えば、


またもう行った。

ジャンダルム、今年二回

本来ちょうど一年前の秋の連休に約束した、
あの日の槍穂会の再開の為の山行だったん、だが・

7月に先行し、本番9月、

こういう濃い感じになってしまうのは
ホント意図してないつもりでも

星と言う名の星なのか、田代まさししかり。




前回書いて、今回また別に仰天する事もあり、


特筆すべきは、

まず。山小屋に金粉入りの日本酒を持って来ていた
凄いおやじ、

f0052956_12143040.jpg

また、昨年の槍穂で会った、山岳ガイドのトー山さんとの再会。

そしてジャンダルムに憧れる滅茶苦茶な人たち・・・

f0052956_1222401.jpg


正直今年と去年では想いが違う、


2009年なら誉れで穂高岳山荘に降りたろう、

寝具食糧一切を担いで通過したなら喝采のルートだった。

けど今は西穂奥穂のルートも人跡に汚れている。

f0052956_12164468.jpg


誰でも通過できるのがいけない分けではないし

山登りにトライアルな物を求めている事でも無い。



だけど、
本来を言えばジャンダルムとは、
これ以上先は遥々進めまい、
そういう意味を込めて付けられた先衛隊の意味だろ?

恐れをなして引き返すどころか、みな血道を上げて十何時間も歩いてくる。
愚痴と他人をブレーキだったと揶揄する奴らも。





遠山の気高さとかもう無いな。
僕にとってはで言うんだが
山は静かな方がずっといい。道しるべも無くてもいい
漸く人にすれ違えば懐かしくなるくらいがいい

でもそれ~は~、傲慢な物言いだって良く分かっている。
働きながら、都会に縛られてんのはこっちの事情なんだから
ホントに山が好きなら、人の居ない時に来い、
と言われればまったくだ。
人だらけの山に入っているのは自分のせいだから。


f0052956_12182798.jpg


なんだか脈絡を失って書いてるけど、
つまりだから静かな山に憧れるのかもしれない。
いつまでも無い物を強請るつもりでいる













PS
秀ちゃんはよく頑張りました


[PR]
by c7 | 2010-09-30 12:25 | 山歩き

ハンバーグ王、~    なのかガスト?




多分、テレビの取り上げと言うのも、
人気には一役買うんだろう、

B級なら気になるランキンNO.1具合の

チーズインハンバーグ
ガストにて。


悪友蛇メタルのオーダーを画像に収めたり、
f0052956_1245775.jpg


果ては食べちゃってみました、猫さんの分お裾わけにて。





わたしのオーダーは
ハンバーグ、

f0052956_12463553.jpg


竜田揚げのコンビ
これにライス大盛り、飲み放題の本日のスープセット

なんて言うか、B級として盤石だな
f0052956_12465128.jpg


ちなみにこちらは東京都江東区南砂店、

我が家に近いのながら、
大分人の雰囲気違います。

敢えて言うなら水戸に近い。。。
[PR]
by c7 | 2010-09-27 12:43 | 外食

スタミナ苑 ~こちらは豊洲ビルの中








f0052956_12392478.jpg

野菜が美味くても、
農耕民族なのに


やっぱり肉が好き。

エルカルニチン
山に行く前だったのかな?
豊洲の交差点三階にあります

スタミナ苑で、夕方からの親子焼き肉
ちなみにこの店名は
鹿浜橋で、芸能人にやたら肩入れする萩原流石似の店長が経営する焼き肉屋と
同じだが、

多分経営は違う。

僕が鹿浜の行列店の方に行ったのは20年近く前だが
業界人と行くと裏の個室に入れてくれる、
そして明らかに一般人より良い肉が出ると言うことだった。
それでも芸能人の評判につられ今も大行列をなしている、
なんでんかんでんと言い、今となってはのZESTも、
同じ手法、市民って愚弄されているけど、それも幸せには違いない。
騙されるって実は甘美なんだ。


で、こちら豊洲下町の焼き肉屋の
タン塩が
あまりに美味しく。
f0052956_1241361.jpg




ここで画像がストップしました・・・

なので前半駄文と中傷を垂れ流しましたすいません
いや、でも
本当に全品通じてもなかなかの味でした、

お勧めする。

f0052956_12412434.jpg

[PR]
by c7 | 2010-09-13 12:43 | 外食

20100904釜ノ沢西俣 ~エクスプロールそのツー




f0052956_12545087.jpg




9月第一週の週末一泊で、
何年か振りか、
入渓いたしました。

夏ごろ何かと騒がしかった奥秩父ではありますが、
f0052956_12551356.jpg


無事帰還、怪我多数。
楽しい限りでしたが、それは沢登り、やや冒険野郎気分も味わって、ってことで。

今回は7月、ジャンも先導のマイメイツ”トシボンヌ”と、
この日が沢の初挑戦となった、がしかしすでに立派な山岳会員として
時折神田で飲んだくれている(嘘)プラムちゃん、
と三人で遡行。
f0052956_1255298.jpg


この画像は下流ですが、この流れに逆らって逆らって、源頭を目指す。
f0052956_12554349.jpg


ホラ貝のゴルジュで入渓のご挨拶となり、装備をチェンジ、沢スタイルに。
f0052956_1256423.jpg






ついにプラムちゃんも入水、
f0052956_1257452.jpg

いや死ぬわけじゃないけど。


最初に目に飛び込む女神の滑滝は枯れてちょろちょろだが
結果的に水量が多かったら、もっときついす
f0052956_12572034.jpg


多分関東一円、いや日本中猛暑のこの頃、沢の中でも冷気はそれほど漂わず、
暑いので、ホールドのある場所で腹這いの水浴び、呆れるトシボンヌ。
f0052956_12573665.jpg


いやーーー
魚止めの滝を越した後の滑の美しいこと、稜線登山では見れない風景は
沢登りだけの密約みたいなもんです

程良く進んで一本支流が流れ込む先あたりで
本日の野営、

これが、お や く そ く
の焚き火、
f0052956_12575133.jpg

そして夜ごはん。


翌朝7時前に出発の後はすぐに両門の滝、
f0052956_125879.jpg


で、
朝風呂がてら、
ウオータースライダー
水温は低くない。
f0052956_12582295.jpg


ま、でも
ふざけてられたのもこの辺りまでで、
幾度の滝、の巻きで、地衣類のルートを探しては登る、
勿論赤テープなしだし、言ったら自分たちで決める足の運びの
なんとも体も脳みそも使うこと、
足を滑らす危険度でいったら先日行ったジャンダルムでさえ可愛いもの。
要するに、”沢をなめない”

藪の直登中もヘル装着で、
プラムちゃん、たら、あの娘やる気だわ。風です
しかし、余裕の左手はピース。
f0052956_12583858.jpg


の、道なき藪こぎも終わり、登山道と合流、
沢歩きの後での一般登山道は会社の廊下みたいに滑らかに見える。


やっとこさっとこ見晴らし場。

そして、目的なのか分からんが、甲武信ヶ岳オン。

f0052956_12585540.jpg


ここで果てた感で充実した一日でした、
としたいところだったのに。
帰りの登山道、隣の尾根を誤って一時間下り、
気づいて登り返したよ、すでに7時間行動。

気付けば水もわずか、やっと出発点に戻った時にはややへろっちゃって
しかも夜の9時でも中央道はまだ渋滞で。
帰りはぎりぎり午前様っちゅーありさまでした。

今度はゆとり登山目指します。

お疲れ様だけど、楽しかったよ、奥秩父。
またいつか、別の沢でお願いしたい。

f0052956_12594789.jpg

[PR]
by c7 | 2010-09-07 13:00 | 山歩き

日本の夏、お盆






先日、長野県岡谷市と言う、諏訪湖なら皆さんご存じか、
その真北に位置するやや山裾の町、に住む
恩師、そして旧友のお母様でもある人のご自宅に家族でお邪魔した。


f0052956_12205535.jpg


なんか激しく日本を思い出す家でした、
今のニッポンなんか日本じゃない、
熱帯夜のコンクリートジャングルなんて忘れちゃう、
ジャミンな2デイズとなりました。

低気圧停滞の空模様ではあったけど
涼しく風も抜ける日本家屋でのんびりと、

では
晩の贅沢スタート


まずは
何でしょう、お漬物。
f0052956_12211231.jpg



食わんと分からん、食ってももっとわからない

キュウリ


山間でもまったく問題ないです
チャンジャ
f0052956_12213051.jpg




そして塩辛
f0052956_12214746.jpg



これが本日のスペシャリテ、
ローストビーフ作ってくれたよ1000G
f0052956_1222625.jpg


この晩の盛りは7割強ということでした。

鉄板では

イカとエビが並べられて
勿論お野菜も。

f0052956_12222067.jpg


飲み続けたビールの後で、画像も無いが
度数19という生酒を頂いた。


日本酒が美味い、山が見える、
そして家族とダチがいる。居間のすぐ裏には布団を敷き詰めた部屋がある。

日本だ、これで日本なの
ニッポンじゃない。

。。ちなみにこの論争に興味がある方は
探ってみてください、実はよくわからないので。


娘が最近繰り返し見るアニメ映画の舞台のような
そんな心安い場所が故郷なんて


f0052956_12224747.jpg



なんて憎い話だよ、ミズキ君
[PR]
by c7 | 2010-09-01 12:23 | 外食