<   2009年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ペストジェノベーゼ ~ 市販の方が美味かったり・・・






ゲティーは変わらず日がな晩の食卓に並ぶが
大して上げるほどの斬新さが無い。

しかし、久しぶりにジェノベーゼを頂いたら
思っていたより美味しかった。

そもそも3年前はバジルの栽培が上手くいって
沢山ペストが出来た、
オリーブオイルや、塩は勿論、
アーモンドやナッツ類、少々のトマトソースなど
考えて作ってはみたが、実際は決め手に欠いていた味だったような・・・

今回は市販のものに、ちょっとスパイス増し、
そして申し訳程度のキャベツで分量増し。



f0052956_12192039.jpg


変哲は無いけども、悪くなかった。

写真の写りも考えて盛りを少なくしたら、ちょっと上品に見えた。

実際この盛りではまったく満腹にならない、この時は
前菜で結構腹を満たしていたからこの分量で。

写真映えと、ボリュームを共に満たすなら、
後4センチ大きなサイズの皿にするかーそんなのあるかーー

御託は並べるが
実際140gとかのパスタをうりにしてる店でも
腕前で小奇麗に盛って来る。

この辺も美意識の持ちようなんでしょう。
[PR]
by c7 | 2009-12-28 12:21 | 家ご飯

チェリオさん、ジョークの質を問う ~ ま、自分にも。







チェリオは中堅メーカーだが、その飲料水の歴史は案外長く
なんか青春として青甘酸っぱい

駄菓子屋のお菓子にしろ、
パン屋の妙な菓子パンにしろ
不明な作り手が、よろよろと、それでも地道に作っている
姿は応援したくはあるが
何でも大手に飲み込まれる昨今、

反体制としては小さな屋台骨を評価したいが。

が、しかし、

あほすぎる
なんちゃってコーラ


f0052956_12485799.jpg



今どき着色料を全面に押し出す
低いユーモア。
コーラと言われても、コーラ味は全く期待出来ない、
これがジョークとして成立すると思う志が
すでに恐ろしい。。

のに、買ってしまう、
自分がコントロール出来てない、
どんな期待をしていいかも分からない物にも
可能性を避けて通れない、

て言うか、ただふざけてるだけ。
言うほども無いが
味はタイムスリップしそうな、
三丁目の夕日的なそれ。


f0052956_12491576.jpg




なおの事、ボトルのデザインのいんちきさが切ない、

それを買っている自分が情けない。
[PR]
by c7 | 2009-12-25 12:51 | 外食

手巻き寿司 ~ 娘は結局海苔一番






本人に自覚があるかは知れ無いが
来春からは我が子も集団生活の一員となり
母からも離れた時間を多く過ごす、
自論だが友人こそ命、即時的に得るものが無いとしても
人脈はまさに生命線だろう、大事にして欲しいので
幼稚園の場で大いに自我を押し通し、尚沢山の仲間と暮らしてもらいたい。

んなわけで
頑張って自分で作ろうよ手巻き寿司、インc7家

f0052956_12441126.jpg



特別用意の程の種では無いが、
酢飯と海苔で美乃っこには十分ご馳走です、



f0052956_12443687.jpg

海鮮の、イカやネギトロ、海老、蟹もどき、とびっ子などの他にも
f0052956_12445280.jpg



野菜、納豆、練り梅などで満腹への銅鑼が鳴る鳴る

f0052956_12452272.jpg



娘、手巻き寿司の体裁は全くなさないが、
米を海苔で巻くのは出来るらしく、楽しいらしい。

落としたものも自分で拾ってくれるとなお良いのですが。。。




f0052956_12454531.jpg

[PR]
by c7 | 2009-12-21 12:47 | 家ご飯

ビオワイン ~ 酸化防止剤は敵か中立か





f0052956_1218221.jpg





先日ちょっと触れたが、
我が猫さんがワインを少々飲み過ぎると
頭が痛いということが続いた、

酸化防止剤の二酸化硫黄や、亜硫酸塩
が、その原因と言われてもいるが、
しかし根拠は未だあやふやらしい

とにかくまずビオワイン
低農薬や酸化防止剤を減らしたワインを呑んでみっか。
てなことになり

近所の酒屋、日西商事部でワインを購入

f0052956_12154294.jpg




ビオワイン、安くても2000円を切るのは難しく、
我が家で常飲もちょっと迷うところだが
実際このワインは
2000円以下だった。


f0052956_12152113.jpg


ALBET I NOYA
スペイン カタルーニャより

オーガニック、って聞いて飲んでるからか
なんだか爽やかな喉越し、な気がする。
シャレロと言う聞きなれない品種の葡萄で作っているらしく
飲み慣れた味で無い所も、結構嬉しかった


味は薄くも無いが、酸味、甘み、辛味がどれも程ほどで
バランスよく出来ていると思う。

f0052956_1216372.jpg

こういう酒は冗談や目先の金の為に作ってるわけではないだろう。
真剣さを笑い飛ばすのも性質が悪いと思うので
直球で一本すいーっと頂きました


おつまみは



f0052956_121749.jpg

いなだのカルパッチョ

少々の臭みもあったけど、醤油わさびで頂いた分よりも
、むしろカルパッチョの方が食べやすく、
ワインにも良かった。

晩御飯は変哲も無いですが
プッタネスカ風にトマトソース、ゲソ入りのパスタで。

f0052956_12173545.jpg

[PR]
by c7 | 2009-12-17 12:21 | 美酒

たまには花、~白百合は、可憐と言うより強靭





f0052956_12544885.jpg


先日ニコに薔薇を襲われたが
飾る場所を工夫すると気付かれない、ということを学習したので
秋は涼しく、花も持つので
続けて選んでみました。
ユリ


花屋で売られているユリは
大別すると
オリエンタルリリー、と
すかしユリ
かな、もう記憶が遠いが。

こちらは数あるオリエンタルリリーの
名前の表示も無い白ユリ


f0052956_1255132.jpg



大抵のユリは切ってからも生命力豊かで
ほとんど美しく開く、
咲いている期間も長く、暑い夏でも持つので
切花としてはナンバーワンの人気ではなかろか。

あまり花に縁の無い人は、かえって病人にユリは
そぐわない、みたいなイメージがあるかもしれない、
また、たとえば祝いに菊を贈るのはとんでもない、とか、

一般的なルールは知っておいて失礼が無いが、
しかし花はどれも美しいし、また、
切花は本来生命を絶たれていて、
死に際を飾っているのだと言えば、それもそう。

古くなら花は死人に手向けるのが常道だったと思う。
また、もう一つ、
花は愛の性開く悦びへの躍動、だとすれば
男がこれを愛し、また愛する女性に
愛の性を讃えるために贈るのは、当然至極なんじゃないか。

f0052956_12553661.jpg




くどくど言っても結局
花は女性性の象徴だと思う
[PR]
by c7 | 2009-12-14 12:53 |

愛宕の松 ~ お祝い薄にごり





本来の左党と言うならば、
桜なんぞ咲かんでも酒は飲む
十五夜の月が雲で隠れたって
暑気が払うほど茹だって無くたって、
飲む時は選ばない、し、場所も選ばない。
というか、何所にでも行く。
むしろ酒が無いなら日本一の大曲の大花火でも行かない。

しかし、
理由はつけたいもの

と言うわけで

娘の幼稚園合格祝いに
秋の花酒


f0052956_1241663.jpg


愛宕の松、 澱がらみ薄にごり生酒
新澤酒造店
宮城県大崎市より  



もう飲んでしまったけども。
f0052956_12412939.jpg

フレッシュさは確かにたっぷり感があったが、
思ったよりは辛口、甘口党のわたくしとしは
ちょっと意外だった、
ただ、澱がらみの特有のほんのりシュワっとした感じは
日本酒として斬新でいいのかなと思う。
個人的な趣味よりも、こういう切り口ででも
ポン酒人口が増えたらいいと思う、
頑張れS・A・K・E・!

f0052956_1242069.jpg

この手の酒はやっぱり焼き鳥とか
水炊きとか良さそうですね
繊細さは無いが、上がる。と言った感じで。


f0052956_12424276.jpg

で、来週のc7さんは
あてのお食事、昨今子供の友達の生魚好きも良く聞こえてくるので
手巻き寿司



f0052956_1243313.jpg


海苔大好きのちびちゃんにとってフィーバー必至。
[PR]
by c7 | 2009-12-11 12:46 | 美酒

新カテゴリ ~ 猫さんの晩ごはん





最近クックパッドなるレシピ投稿サイトが
ブイブイ言わせている、月間ビューが3億を越えるとか。

で、このサイト運営の代表のラジオでのコメントを聞いて
感じるものがあった。

曰く、自分で作った料理を評価してくれる場があることは
狭い世界にある家庭の奥様方にとって、
どれだけ励みになることか。
これが原動力となって、サイトは日々投稿の嵐となり、
誰かが誰かのレシピを学び、それをまたアップしては
情報もとの作者に感謝し、共にカタルシスを得、
時に男たちは美食の幸運に与れる、と言うわけだろう。

同じくして、なぜかうちの猫さんが、
レシピに飽きたのか、新しい料理を提供してくれることが
急に増えた、
本も読んでみているようだし、冒頭のクックパッドも十々知るところだった。

つまりは日々の痛飲のみそぎと感謝を含め
勝手にc7クックパッド
しかし食べているほうが上げるのでレシピはうやむや・・・
の、
”猫さんの晩御飯”
カテゴリーを一つ増やしてみたいと思う。もちろん妻に了承は得てない。

わたくし個人のブログではあるので、
不精も含め結果それほどの頻度では上げられまい、と思うが
暫時上げてみたいと思います。

まずは一発目
9月の5連休、北アルプス縦走から帰って間もない頃に
食卓に並んだ一品は
野菜炒め、トマト味でないけどなんとなくラタトゥイユ

f0052956_12484485.jpg




緑黄色野菜や
ナス、玉ねぎをざっくりと大き目に、
鶏肉少々とを、油で炒めてある。

山生活で野菜も新鮮な油も採れず、
なので一層体が受け付けたおかず。

油と野菜は言っちゃうと
マクロビオティックの基本、
肉、魚がない分、油で調理する料理が多い、
今回の
野菜炒め、トマト味でないけどなんとなくラトゥイユ
も、それらしい滋味があった。

f0052956_1249269.jpg



野菜を炒めるのには、分けがある、って事で。
[PR]
by c7 | 2009-12-09 12:51 | 猫さんの晩御飯

節句のご馳走 ~ 焼肉醍醐





f0052956_12432855.jpgf0052956_12435122.jpg






娘の七五三の日取りが、天気の関係で急遽1日前倒しになったので
前々から予約していた中華での会食は反故になった。

もとより六曜も悪くないこの日に明治神宮の近くで
人間大小都合7人で飛び込みの飲食店でサクセスも当てに出来ない。
と言うことで、
高田馬場のご親戚とはまたの機会として

うちのバーバと台場でコリアンバーベQ となりました。


焼肉醍醐



たまの贅沢、って程では無いが
あれこれ特選頂きました、ご馳走様でした、ごちになりました。


ではレッツ
f0052956_12531069.jpg




先に言わせて貰えば、本当に肉は柔らかいのが流行のようで
赤い肉はとにかくトロトロ傾向だった、



f0052956_12444199.jpg

まずはどうしてもタン塩、世代的にアナクロでも
これは外せん
f0052956_12443011.jpg





刺しごってりの赤い肉がセットで登場する、
説明がワインでろくすっぽ頭に届かないが

f0052956_1245238.jpg

ミスジ、ランプ、サーロイン、いちぼハラミ
そんな言葉が聞こえた気がした。

とても美味しく頂けたんだけど、敢えて言うなら
何所がどの部位でもあまり味に差は感じない。
柔らかく。。。

こーなるとガチガチの肉とか
食い千切りたくなるけど、つまり反骨精神と言う前向きな言葉に換言してみる、って、
反骨はポジティブか?

ま、とにかく

最近は富みに内臓食いたい症候で
老人と子供と女子には本と申し訳無いが
ホルモンセット。
f0052956_12451999.jpg


この手のものは、この手の店ではやはりキラッとしませんな。

やっぱ品川辺りの匂って来そうな場所で
七輪で焼く店とかで、今度はオヤジたちと雁首そろえてみたいと思います。




最後に猫さんが冷麺を頼めば、
f0052956_12454340.jpg


その中の半熟卵が欲しいと娘が泣き叫び

f0052956_12455889.jpg


くれてやると、落として。、半狂乱のように泣く。
駄目もとで”落としたので、も一個下さい”とバーバと幼児がお願いしたら、
ほんとにくれた。ありがとう焼肉屋のみなさん。皆さんて言うか・・・
f0052956_12461453.jpg



わたくしはもう一ちょこれと
f0052956_12462750.jpg


これで
f0052956_12463975.jpg

ご飯をどんぶりで食う暴食、ちなみにバロさんが先のコメントくれたが
体脂肪しっかり戻ってます、ま、何とか中肉程度で。

出色だったのが後半注文したチリのワインで、
肉と赤ワインって、
合うんだな、と、実感として思うところでした


ではこのワインは
ちょいと探って次回
[PR]
by c7 | 2009-12-08 12:54 | 外食

明らかにアウトテイク ~ 埠頭で唐揚げ食べ放題





三連休の後、仕事もやや堆積気味で
結果忘れて行けなかった、
妙にくすぐる告知のポスターが、

仕事関連の施設に貼ってあった。





f0052956_12345922.jpg


大井食堂って。
雑じゃない?

たった一日のそれもランチタイムだけ
こういう無謀なイベントをするのが理解できず
だからこそ惹かれる。

ありえない注文してもいいですか?
123(ひゃくにじゅうさん)個とか

肉は喰えない、とか、
地球にダメージを残さない生き方とか標榜しようとしたり
の、舌の根も乾かないのに、

こういう自分が
分裂気味ですね。と、若い同職の者に言われても
反論する余地も無い。


わたくしの辞書に首尾一貫、は無い。
[PR]
by c7 | 2009-12-07 12:36 | 外食

アジアのアジ ~ 豊洲はワンダーエスニック






一人では多分行かない。が、
子連れにおいてはやたら重宝なララアポート
ああ、アムロ、時が見える


で、
あまり食事も無いのだが、
今回は久しぶりに階層上部の
フードコートにて
たらっと昼食をいただいた。

ニルヴァーナのカレーが食いたい、
それが初動動機だったけど、本人はなんか擦れて
タイ風の海老の入った辛いそば

f0052956_1213972.jpg




そして本道に猫さんが入り、
カレーの辛いのと甘いの。

f0052956_1214444.jpg


f0052956_12143473.jpg


凄く記述が雑なんですが、
実際四ヶ月くらい前なので、記憶がほとんど・・・




そば、
味も海老も良く、調味料の海老の頭の味も良かった、気がする。
ただ、麺は、アメリカ人のスパゲティーみたいな、なんか。

カレーも、エッジは無いけど、程よくこなれた味で、
どちらもマイルドな部類、
なんつーの、でっかい鍋で作ったような、中庸な印象だった、



f0052956_12145978.jpg

ライスと、ナンみたいなのが付いてきたが
このナンみたいのが、インドのクロワッサンとかとの事で、
ふんわり美味しい。ほんとにインドであるのかは分からないけど。

付け合せのヨーグルト胡瓜は、

C7家的には不要な味だけど
意味合い的には匂い消しなのか?
[PR]
by c7 | 2009-12-04 12:16 | 外食