<   2008年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

春の名古屋 ~思い出の蓬莱軒今は昔









期待も閉塞も悲喜こもごも
もう少し名古屋で、別役で、という話もあったのだけど、
考えていつ戻れるとも無い中部暮らしはやはり断念したいとの想い。決断。

直接の連絡の以外にも他のブログ
ソーシャルネットワークなどで承知の方もいると思いますが

痛飲男東京早々にカムバック
正式には神奈川県。。
どっこい就業は元居住兼勤務地程近く芝浦にて

すでに転居一ヶ月経過で、IKEA コストコ、川崎ラゾーナなどなど
順調に京浜地区の
施設も堪能してまして
一点、娘の成長過程に、外食だけはやや落ち着いては難しいところ。

まずは思い出の名古屋での
これはいただけた、ひつまぶしの記事に御挨拶を変えて。


この地、うなぎの名産はお隣静岡は浜松
そして名古屋はひつまぶしの元祖、発祥と言って間違いない。
正確には本店を近く熱田に置く、ひつまぶしの登録商標を持つ所






蓬莱軒

f0052956_671471.jpg



訪れたのは、名古屋中心街に有る松阪屋店


まっ、正直初体験のひつまぶしも
それほどは仰天することもあるまいと高をくくって来店したが
しかーしこれは変哲の無い蒲焼とは確実に似て非なる豪華な料理、
そして味も個人的に贔屓に出来る風合いだった。

f0052956_67353.jpg



蒸す蒸さないは甲乙付け難い
関東人の自負はあっても関西は食い道楽に長けているのは認めるものだ
その差ということではなく
こちら蓬莱軒のうなぎは皮がパリっと焼けて香ばしく
噛み切る全体にぬめりが無い。
しいて言うなら鰻はもっと大ぶりに切ってあるほうが好みだが
伝統の味に注文はおこがましいだろう。

三度の味変わりを楽しめるのがひつまぶしならでは
その二膳目の、わさびと葱、海苔の薬味をかけての一口に

ちょっと感動した。
これだけ味が変わるとは思わなかった。
お茶漬けもさっぱりしてよいが、個人的にはわさびの薬味が一番。
やはり魚にわさびははずれないのだね。




f0052956_675729.jpg



とまあ、東京に戻ってからの回顧記事となってしまったが
また、気分も新たに少々余り気味(得意の過去ネタだが)の記事も
随時アップの予定です。


ニコのブログも同様に御愛顧を。

そしてまた愛娘も見る間に成長するc7家も末永く。
[PR]
by c7 | 2008-07-07 23:02 | 外食