<   2007年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ポークでもなくビーフでもない。




一寸の虫にも五分の魂
ちょっとのテレビ番組の中に思わず思うこと

未開の地で人が我が身の食の為、ねずみを叩き殺す、
そしてほんの一握りの肉を食う

俺にはニワトリ一羽食い物にする技も無ければ気力も無い。



鯖フィレがそのまま海を泳いでいると思っている
ガキを笑っている俺の背中で冷や汗が俺を嘲笑っている。

[PR]
by c7 | 2007-04-27 13:52 | 家ご飯

堕ちた人間








f0052956_1765553.jpg
























大抵の酒飲みは
もっとも俺が知っている大抵の酒飲みは

無神経で、話に脈絡が無く、無秩序で、非人道的でいて、
鷹揚過ぎる冗談で誰も傷つく事が無いほど鈍感になっている。


そうした大抵の酒飲みが夜に集まり、
その最初の一杯が注がれるを待つ間、その一杯を飲み干すまでは
抑制が利いていて、柔和というよりはむしろ臆病で、
一様に喧騒の合図までは寡黙でいたりする。


ところが端から飲むことも知らない子供や
酒など無くても小心さに悩む事も無い年齢に達した人間は
どの時点でも無神経で話に脈絡が無く無秩序で非人道的で鷹揚な冗談でムカつき合っている。
そしてそれに傷つかないほど鈍感だ。

酒を飲まないのでなく
酒を飲むのを待っている者は、時に最良の人間である。






そしてその後、どう仕様もない、愚かな人間になる。

f0052956_1763910.jpg

[PR]
by c7 | 2007-04-23 17:08 | 愛読愛聴

FUNKY MONKS

週末に、怪我の体では外出もままならず
金曜までのデイタイムの仕事の骨休めにベッドやソファーでごろごろとするのだが
休みともなると我が家も一日火がついたような騒ぎで
土曜の夜や、
日曜の朝から続けざまテレビの放送の
久々稀に見る幼稚さと低脳さに当てられた気になる
ロンパリやアカのお笑いや
素人の芸人の我が物顔に呆れ
いそいそと自分の部屋に逃れ、音楽をぶっ放す、
それが崇高なようなつもりで。

だがしかし、
ふと15の頃に、部屋から大々的にこぼれるロックンロールの騒音に
お袋が眉を顰めていたのを思い出す。
人の親になってみれば、なおの事騒がしい音楽は厄介だ。
それも俗悪な宗教には違いない。

f0052956_20383197.jpg





俺にとっては敬虔な僧侶の経

[PR]
by c7 | 2007-04-22 20:40 | 愛読愛聴

号外2 骨折S






取るものも取り敢えず
飲む物は飲まず

事後報告になりますが
去る
3月24日


イベント会場での不測の事故、ましかし未必の事故本人責任ではあるけども。

墜落により、両踵骨骨折、第一腰椎圧迫骨折の事態となり、
そのまま警察病院に救急搬送、入院、手術、治療経過、
日曜に22日間の入院を終了し退院しました。

f0052956_1463335.jpg


原因について結果について
実際シリアスに向き合っている部分もあり、
酒だ食い物だと続ける意志が今は途絶え。



ただ、いずれにしろ、このブログを抹消する予定ではなく、
また目覚めの酒のタイトルも変える事は当面は無いと思う。

お見舞いに来ていただいた人たちに改めて感謝を
本心言えば惨めな拘束着のような病床生活の中、笑える時間も多かった。有り難う。
また同様に、牢屋も学園生活のように変える、笑顔の似合う看護士さんにも大変御世話になった

f0052956_1465080.jpg



今までここでそれ程音楽のことは記事としなかったけど
入院中、音楽に励まされたと思うと
結局自分の根幹に音楽が大きくあって、
今後それをもう少し後押しする為のブログになっていくのも悪くは無いと思う。

語りに甘えたい時こそ寡黙に徹

まずは一報、
これからもよろしく御願いします


c7


[PR]
by c7 | 2007-04-19 14:11

あの橋の下 ~ hardcore life






親があるとは言え、自分ひとりのことなら何をしてもよかろうと我が身に難癖つけて
勝手するのも



今は昔

もう無茶も潮時、孤独でもない。
だが捨てたものも、懐かしく
ここしばらくは別れた昔の自分も思い出される
たとえ悪童の真似事だったとしても
これはこれで身の慰みではあったから、忘れはしない

過去は過去。だが形見の思い出に代えて

エキサイトは何かと権利に細かい。
別ウインドウになるが音源映像も


video

こんな歌
[PR]
by c7 | 2007-04-15 16:47 | 愛読愛聴