<   2006年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

盆暮れ以外はビッグサイト、食事はサイドメニュー記事。






昨日、突然の電話コールは、見慣れぬ東京外からのナンバー。

受け取ってみると、
なんと思い出の藤森先生。
この方については以下あらためて書くが、

明日国際展示場に行くのよー、とのことで、お昼の食事をご一緒させて貰いに
近くながらも行き慣れない、東京ビッグサイト、秋葉ちゃんの聖地に出向いた。

週の後半、展示で賑わうこの会場のお昼時は選択の余地も無く
やや簡単に済ましてしまったが、
けんちんうどんと、かやくご飯、

f0052956_15514939.jpg


セルフで慌しいファーストフード、だが、案外美味しい食事は不思議なほど。
再会の興奮も少しの調味料か




実は藤森先生はわたしがいたずら鬼の4才5才の頃、保育園で大変御世話になった人。
その時代はある記念碑として、書籍に残されている

おしいれのぼうけん、(あえてひらがなですがな)

ちょっとネットでも調べてみたけど、この古い絵本が、どういう経緯で、
どんなところを下書きにして作られたかは、まったく明らかにはなってない。
考えてみれば、絵本の原案を掘り起こそうとするのはあまり粋なことではあるまい。

なので他の実名や、所在はここでも記さないようにするが、
その私達の思い出の保育園は東京都下で、当時は革新的に斬新に幼児教育に関わっていたのだと思う。

そこに原作者となる大人が連れ立って表われ、わたし達と1週間共に生活し、
出来上がった作品。(偉そうに言っても記憶はほぼ風化)

作中の子供達は誰が誰のモデルとまでは分からない。が、
ここで子供達を押入れに閉じ込めた若い熱血先生は、
間違いなく

藤森先生その人。

f0052956_15512882.jpg




余談だが、その思い出の保育園も、時代の変遷をうけ、民間委託の業態となったらしく、
聞けば、古びたあの時の私設、取り壊され今は腰の丈まで草が生えてしまい、面影も無いとか。

物より思い出、

そう断言は出来ないが、共通の記憶、記念の絵本、そして誰かが同じ様にこう書く記事があれば、



f0052956_15521829.jpg


胸一杯だと思える。





追:
この時、非常に貴重な地元の生酒お土産に頂いた、
今はまだ会社の冷蔵庫に一時保管中、
味わい次第、お伝えします。
[PR]
by c7 | 2006-09-29 15:55 | 外食

薩摩茶屋~ プレミア焼酎、その足下





最近自由と新世界を求めて、古巣を旅立ったが、
それほど自由は満喫してない、と、やや困惑の

美容師カジ
ま、ネーミングそのものも過去形かも、
そのカジ、
生まれは北国だが、
焼酎マニアこってこて、会えば言わずもがなの顔立ちもこってこて。

が、
夏前からの連絡で、ついに持参でやって来てくれた。
この一本


f0052956_13325435.jpg



薩摩茶屋 。
村尾酒造合資会社醸造

鹿児島県、 薩摩川内市より



一部の熱狂がブームを更にブーム化、
電話抽選、朝の行列など、プレミア焼酎は過激な入手戦争勃発で、
ある種の努力家にしか手に入らない、そんな趣も有る。
自堕落なわたしには、つい、坩坩でいいよー、薩摩隼人でいいよー、盛若でいいよー
などの人は言わずも、ただ自分が飲めりゃいい的になる焼酎を勝手に飲んでたりする。

見兼ねたわけではないだろうが、カジがお土産に頂だいした焼酎は

芋らしさ、その芋を心底芋らしく作り、何も他の雑味を感じさせない、
それほどに芋な焼酎、
どこか一刻者も通じる徹底的な芋度。

この三行に、芋を5回使ってみました。誤解無く


。。。

いずれにしても、この酒を地元の鹿児島県民は
日々の晩酌に常飲してるのだとすれば、
恐ろしく贅沢だな。
そう思わせるのもプレミアの魔力かも知れないが、
完成度を感じさせるお酒、
感動は確かに有る。


f0052956_13331617.jpg


今回食事は久々のお好み焼き、この味は若干酒の甘みには
難しい方向に出たが、
それまでの和風のサラダや、山の幸などは、しっかりと受け止めた。

個人的には今度、川越と言う焼酎を飲んでみたいけど、

わたしには戦争は勝てないかもしれない。
[PR]
by c7 | 2006-09-28 13:39 | 美酒

エクスプローラ気分、ナルミズ沢へ




山行から、ちょっと日にちも経ってしまったけど、
9月の第一週、晴れればまだまだ暑い言うなら晩夏のうちか、
水上の麓、宝川の源流に遡り、最後は朝日岳を目指す、沢登の初登攀、行って来ました。


ここ何度か、天候に巡り合わせの悪い山旅が続いたが、今回、

ようやく晴れ

車での出発も上々に、あっという間の、入山、
そしてもちろん期待度満点の
入渓、

今回の沢登りコースははっきりとして、そして醍醐味もあり、後半はアルパイン要素まで充実のコース。
登山愛好家としては申し分の無い。

f0052956_10365552.jpg


素手に触れる水温は痺れるほどだが、この沢に準備したウエット着衣は、
その冷たさを十分快適なものにしてくれた。装備の充実は近代スポーツには不可欠要素か。

厳しいポイントはほとんどないものの、慣れない水場の遡行は、あらゆる面で気分が高揚する、
子供じみていても、その冒険チックは”永遠の19歳”を標榜するおっさんには堪らない刺激だった。


f0052956_10373366.jpg

難なく進み、今夜の幕営地は、なんと魚止めの滝のすぐ脇、やや賑やかなその場所も夜ともなれば
やはり山奥を感じる、ひっそりとした場所。

ここでは大好きな焚き火も咎められることなく、思う存分、
燃えろよ燃えろ、
しけった樹木もどんと来い。


f0052956_1038124.jpg


しかしこの晩は、風も無く、やや火の勢いも上がらなかったが、
しっかり担いで来た、鹿児島土産の焼酎は、身にも心にも染み渡る。

沢登り、素晴らしい遊び。

スポーツレジャーの要素も多く含み、
寒さに耐え、頂上を目指す登山の重みとは一線を画すが、
頑なにならず、のんびり、しかしアスレチックのような心楽しさ、
これはこれで最高のアウトドア。

翌朝はゆっくりと稜線に望み、
マルチクライマートシボンヌも、ほっと一息、
一眠り。

f0052956_103823100.jpg



朝日岳頂上から遠く眺める谷川岳の、峻険な谷は
JRのホーム内自動販売機の写真に見覚えの有る人もいるだろう。
f0052956_10384323.jpg






それでも今回はやっぱり、沢登り、
長い夜の、焚き火の魅力は抗いがたい。

f0052956_10385758.jpg

[PR]
by c7 | 2006-09-26 10:45 | 山歩き

鹿児島番外、~ 食い物エトセトラ



それではおまけ的な記事ですが、
鹿児島で、メインテーマとは言えなくとも、やっぱりそれらしさ
の、食の足跡、

先ずは空港からの高速インターチェンジにて、ムラサキ芋のコロッケ。

f0052956_167581.jpg



美味、ましかし、ジャガイモとはまったく異なる甘み、
好き嫌いは個人の味覚に拠るところ。

今回立ち寄りした鹿児島市内、ちょうど昼時でもあったので、
帰郷中である、ビッグブラザー、智幸兄に電話でお薦めを請い、

訪れたラーメン屋、
くろいわ
年期の入った佇まいだが、客層は老若男女区別無く盛況。

ここで、シンプルにラーメンと冷やし中華をオーダーした。

f0052956_168373.jpg


味は優しく、そしてボリュームもしっかり、
若干面食らったのは麺の固さは結構ゆるい。

これが鹿児島風じゃ、と言う人も有るし、店の方針かも知れないが、
バリ固、針金傾向の山男、猫女にはやや優しすぎた食感か。


f0052956_1692563.jpg

謎の沢あんがキュート。


そして酒蔵、薩摩酒造見学コースには意外やフレンチ風のレストランが併設、
こちらでランチをいただいた。

スタンダードなコースには、前菜、スープも付いてゆっくりと進み
メインは猫恭子が、魚

f0052956_16101375.jpg


いなだはトマトソースたっぷりの味付けだったが、
魚の程度がはっきりとして良かったため、むしろシンプルに頂きたかった、口惜しや。

で、私が肉、
特筆は無いが、しっかし柔らかい、

f0052956_16103668.jpg


付け合せのオクラの歯ごたえ、大きさに感動でした。


番外編らしく今回はぞろっと集合写真もお届けしたい、
猫恭子の祖父母も揃い、食後の一枚、
これだけの人数で叔父は一人もおらず、全て叔母ばかり。それも未だ他に二人、
もちろんこのうちの、一人が猫恭子の実母。それにしても素晴らしき女系家族。

4人目の娘が生まれた時は、さすがにおじいちゃんぐったりしたとかしないとか・・・

f0052956_1611116.jpg




祖母の愛情、歓待も受け、来年は我がキッヅも対面できればの思いも胸中に

アディオス・ファミリア


最後の鹿児島空港では恒例の、

名産黒豚豚カツ、

東京でお気に入りの豚久とはやや対極の、しっとりと詰った脂がとろける豚カツ、
ハイカロリーは覚悟の上、旅の思い出は五感で記憶した。
f0052956_1611516.jpg





気付けばお土産の一升瓶は既に二本、
カバンの重量はずっしりと肩に食い込むが、
これが、また我が家に人を呼び、そしてまたこれが私を山や沢に誘う。


飲み過ぎや、蒙昧な振る舞いで死亡事故も多発のこの頃だけど、
酒は必要悪であるかもしれないが、愉快な酒は、時に人を善にするものでありたい
[PR]
by c7 | 2006-09-22 15:54 |

鹿児島土産 ~芋の酒 2




間に、横丁ネタも挟みつつ、
今回は夏の終わりの鹿児島南薩、期せずの焼酎ながら旅、

もちろん飲酒運転は滅相も無い

イン九州ですタイ。




とか言いながら、
ギリシャ、サントリーニ島、でのワイナリー巡りがフラッシュバック、


f0052956_16264711.jpg


立ち寄った大酒蔵、薩摩酒造には試飲のバラエティーが桁はずれで、
原料からして、黄金千貫をはじめムラサキ芋やら、紅あづま、
原酒やら、プレミアや、
これ全部試したら、まともにぁ運転できませんて、
なので;・・・
行間を読んで想像を御願いします。

数ある品種の中から試飲して(!)
まさにこれだとピカッと閃いた一品

薩摩白波 明治蔵
薩摩酒造株式会社 鹿児島県枕崎より


f0052956_1627305.jpg



うすにごり、
f0052956_162896.jpg
生酒のような、しかしこれも焼酎
かすかに酒精の湧いたような色合いは、
確か昔泡盛でもいただいた気がした、原料の味を殊更感じさせる酒。

黄金千貫原料で、昔の製法で作る無濾過の酒、
おそらく白麹造りの味は、米のような甘みでいて、
香りは白波特有の強い芋臭、
しかし25度のアルコール度数は、ロックでも程よく喉鼻を抜ける。

さつま揚げに、生姜たっぷり、鹿児島醤油で合わせて一杯頂けば、
にわか作りだが薩摩隼人気分を味わえる、
枕崎というなら、戻ったカツオの脂との相性も良さそうに思う。




未だ客人に一杯しか馳走していない一升瓶、
飲み切るまでに是非、酒に目の無い酔客を

募集招集。
[PR]
by c7 | 2006-09-21 16:31 | 美酒

初孫 酒のまちから




去る八月、
もともとは多摩川の二子玉川、二子新地での大花火大会に向けて購入した物、
宴席のボスで、山形出身のむるちゃんにちなんでだったが、
花火中は混雑でドッキングできず、その後居酒屋でのちゃんちゃん騒ぎだった為、
遠く電車で持ち帰った一升瓶、

その後我が家での開封は
すっかり山の後輩となったオイスカUSK
来宅に合わせ。


ちなみに平日、愛車の900ccで通勤してみたところ
渋滞にかなり辟易とのこと


f0052956_14425028.jpg

f0052956_14431184.jpg




戻って

初孫、 魔斬 生もと純米本辛口
東北銘醸株式会社
  
山形県酒田市より
f0052956_14434938.jpg


日本酒度+8、本辛口とは言え、じっくり作られているのか、
旨味は多い、
最近生酒が続き、ややフレッシュ方面に味覚が揺れているのかも知れないが、
これはこれ、しっかりと日本酒らしい味がする。
フルーティーばかりが持て囃されるが、”日本酒は本来こうだよ”、そんな感じ。
f0052956_14522534.jpg



冷やし目で頂くと、確かに辛口、香りは少ないが、直線的にすきっと入る。
今回お燗は試さなかった、
数日後、そのまま置いておいたビンから徳利へ、そして常温で頂いた味は
なんというか、ゆらゆらと、舐めるように舌の上に乗り、
そのくせべた付かない麗しさはやたらと気に入った。

ビン、そのままの味で飲める酒、まさに花火花見なら、もって来い。

これから涼やかな気候、酒はひやおろしが出回り美味い季節となる、
少し日本酒を物色しようかと思う。

f0052956_14513371.jpg

[PR]
by c7 | 2006-09-15 15:04 | 美酒

笹沢 左保 六本木心中




さてさてわたくし事だが、
昔とった杵柄のドラムを叩く。20年来の悪友に声を掛けられ、
それこそ一時間のライブとなると、もう記憶も感覚も薄れる遥か20代前半以来。

そんな手の豆の潰れるこの頃、

曲名にちなんだこの本を思い出した。


f0052956_1750675.jpg


時制から言えば、もちろんこちらの本のほうがずっと先になる。
本来ならば昭和40年代になるかならないかの時代の本。
それを二十歳のころ、駅前の古本屋でタイトルだけの興味本位で100円で買った。


が、その当時はかなり鮮烈に印象を持った。

f0052956_17503989.jpg
自分達が背伸びし、あこがれた港区界隈、悪い兄貴達はまだ、霞町や竜土町の名前を
時々口にしてい、そこは"あの交差点"であって、外苑西通り沿い、その先の店もまばらな住宅街に潜む
大人たちのアジトだった。

内容は表題作を含む短編集、
いまさら読み返すとさすがに大仰な言い回し、昔の純文学崩れの感も有る。
若い頃読んだ時の雑感は、常識に倦む、青年達の蒙昧な生き様と取ったが、
今ならあえて無垢な恋愛劇に見える。

タイトルのインパクトは今なお比類ない。が、
それも曽根崎心中辺りから流れてくる文学世界の遺伝には違いないだろうな。
[PR]
by c7 | 2006-09-14 18:07 | 愛読愛聴

巨大お菓子決定番、イン台場




私達が普段、我が家の飼い猫以外に可愛い子ちゃんを見物に
よく出かけるペット屋のすぐそばに
ビレッジバンガードって名前の、名前はやたらジャジーなお店が有るんだけど、
要は下世話な御みやげ屋。

が、案外あなどれないサブカル的な、
オルタナな物品も多く、
先の冬には、愛読でもお知らせしたライオンのうたの再発版をここで発見。


そんなビレッジバンガードの
またもやしょも無い一品




f0052956_1812483.jpg

美味い棒ビッグ詰め合わせ、40本入り。
おまけのクリアファイル(生活習慣上、私これにとても目が無く)、そして千社札。
いるかー、そんなもんっ!

f0052956_1814099.jpg



的なアイテムながら、非売品の文字に、またもややられやすいわたし。


f0052956_1942557.jpg


お味はバラエティー豊富ながら、なんと言っても一際異彩の納豆味、
本当に納豆味なので、見かけたらお試しあれ。
[PR]
by c7 | 2006-09-13 18:20 | 家ご飯

鹿児島指宿、 焼酎の宝山




八月の終わりの週末を使って、
猫恭子のルーツをさかのぼる、鹿児島南薩の旅、一泊駆け足、

今回は日程の関係上他のいとこ達とは別日取りとなり、のんびりムードも更にのんびり、

うなるのは1000CCのレンタカーのみ。

かと思ったら
観光よりも地元民だけの静かなビーチでのんびりしたかったが、
どうしてどうして、祖父母と連れ立っての外食にやや忙殺され気味で、
ほんとに駆け足。

そんな旅の途中、
まだまだ焼酎のブームも根強く、
販売拡大に意欲の強い蔵などは内部見学や行程説明、
それに他蔵の酒の販売など、
色々とサービスを広げている様子、

鹿児島市街に程近い、
薩摩無双を代表銘柄に持つ、グループ企業の三和酒造株式会社
を、訪問。


f0052956_1751310.jpg

焼酎を一升作るのに必要な米と芋の量を展示していたり、
実際使用している酒室や、蒸留器も見せてもらい、何かと実感も湧いた酒蔵見学。

店頭ではこちらの初留取り、通常端垂れなどの異名もある
43度の焼酎をこっそり頂いた。
ずばり美味し過ぎて、口から火が出そうな勢い。

そして焼酎コレクターがびっくりする大ボリューム企画がこれ、
108本、合わせて20ウン万円、



f0052956_1754548.jpg

これを全部飲みきったら煩悩が消えると言うのか。
中には知られた森伊蔵、伊佐美 三岳
など、銘酒盛りだくさん、一本平均の値段にするなら確かにお徳でしょうな。

で、今回我が家購入の一本は

天無双
鹿児島県鹿児島市より


f0052956_174241.jpg


仕込み、熟成、貯蔵などを土中に埋めた甕を使用、
本格的な焼酎作りで、天に双つと無い出来栄え、
との触れ込みで、土中の甕の効用はなんとも言い難いが、

非常に大雑把に言うとクセが無く、最初、水のように入るが、後味は若干の辛口
全体としては甘口の部類になるだろう味はやはり自分好み。

説明では鹿児島限定とのことだが、探すと都内の酒屋でも見かけることが出来る、
ま、さすがに価格は蔵直売となるのは2割ほど安いみたい。

これだけブームとなって、インターネット販売網も肥大しても、
やはり芋焼酎の王者鹿児島。
探せば探す程、未開の逸品がありそうで、
興味のネタは尽きない、
真の美味は秘密の味か。
f0052956_1762657.jpg

[PR]
by c7 | 2006-09-12 17:08 | 美酒

甘味三点





先日のお犬の日、
水天宮からの我が家の帰りは地下鉄で三越前での乗り換えとなる。

もとはお酒のいける口の我が妻 ネコ恭子、
代わりの甘味、たまには頂き物ばかりでなくしっかり買って食べましょう。

と言う事で、乗換駅の途中三越日本橋に入店。

2フロア歩いて、購入は

アンジェリーナの モンブラン。
レギュラーサイズはつまりビッグサイズ。と
f0052956_1744815.jpg




シーキューブの、これは桃のケーキ
f0052956_175887.jpg




モンブランはこってりと、そして

激甘
まるでお砂糖を頂いているような味だがよ、これが本場なのかヨーロッパよ

こちらの反動か、桃のケーキは優しい淡さがよろしい。
桃は遡る事小学校時代、両手骨折のアクシデントに夜泣きのわたくし、
そのときの見舞いの差し入れの桃、が桃源郷とはこのことか!
つーくらい感激の味で、以来桃の虜。

そんな事情は知らずとも、例年猫恭子のご実家から横流れの
信州の白桃ずらりと宅急便にて。

f0052956_1753771.jpg



一日一桃

天国ですね。

本とは一個、ウォッカぶっ掛けて
ぶしゃぶしゃで齧り付いてみたかった。
[PR]
by c7 | 2006-09-08 17:08 | 家ご飯