2017年 02月 27日 ( 1 )


[PR]
by c7 | 2017-02-27 18:48 | 人物

2017/0219 久しぶりに日曜日は、娘と理系ラボトリー

f0052956_18434195.jpg

昔の居住区
の近く、江東区な青海に
日本科学未来館という展示施設があり、館長は名誉ある
初代日本人スペースシャトラーの毛利衛氏

からにして、コスモス、スペース そしてサイエンスの貴重な場と思われる


そこではワークショップが、未来を背負う子供たち、に、科学に慣れ親しんでとの
期待からか

無料若しくは甚だ廉価に時折催されていて

何度か僕も引率者として参加していながら、その実本人も楽しんでいるのだけど


今回は、DNAの抽出と言うほぼ輪郭の分からない
しかーし、生き物に必ず付いて回る、 
今流行りで言うなら、遺伝にも絡むその実験は

宇多田ヒカルのような語り口の、なに気理系女な先生と共にスタート!


f0052956_18440053.jpg


鶏の肝臓の欠片に、水をほんの少し加えペースト状にし

そこに洗剤(界面活性剤)を混合撹拌すると細胞膜が取り除かれ

今度はそれに飽和食塩水をレバーペースト(パテではない)とほぼ同量ほど足し

遠心分離器にかけると、凝固したタンパク質部分とDNAが、分離し取り出される。
f0052956_18442629.jpg
とまあ、そのDNAの水に漂う綿埃のような姿に少々驚きながら



それが親子の間にある遺伝子もまた、それも物体としてあるのだなあ、なんて思ったりして。
正直物理的にDNAを見るってことも新鮮でした。


f0052956_18444800.jpg
近ごろはTDLのキャストにも将来なりたいなんて言いだしたりもするが

動物に係わる仕事を志すなら、やはり

理系、生物学は避けては通れない、文系の両親から生まれた

むすめへの高いハードルだが、


サイエンスは楽しい。

それにいつか惑星移住など、新しい未来にも開かれた学問、

夢も娯楽も感じながら科学に興味を持ってくれればと



父親は文章ばかりで語るのでR