バローロ、リングイネ~ 出立へのカウントダウン







それでは来年に向けて、景気をつけてくれる
料理をしばらく。

まずは別件で相談のあった
イタリアンシェフ、
ハマちゃんが
11月の中頃、相談がてら、遊びに来てくれた、
勿論娘とも初対面。


最初の話の流れでは料理を作ってもらう予定では無かったが
そこはハマちゃん、個人の判断で食材や飲み物を用意、持参してやってきた。


f0052956_15162711.jpg

まずは白ワインで乾杯。

初手からのこワインが。
物凄い。


f0052956_15164713.jpg


実に沢山の趣があって、こちらが鋭敏になればなるほど、
色んな味を感じる、
とんでもなく複雑で驚く。
例えばこの味を知り尽くそうとすると、ラビリンスに飲まれそうな
危険な雰囲気さえもする。

暗がりから手招きするポン引きのような
甘いミステリアスなワイン。

もうこれで後頭部痛打、ってなもんですな。



そしてこの晩こさえてくれた一品は
パスタ。

f0052956_1517922.jpg

美しい花ズッキーニの彩りを添えて

ホッキ貝とミニトマトのリングイネ、たっぷりの生パセリで。
f0052956_15172772.jpg


リングイネの持ち味のしこしこ感が、どこかできし麺と符合する、
まさかハマちゃんそこまで計算づくではあるまい。


いつも思うんだけど、プロが作る料理の決定的な違いって
言葉ではなんとも言いがたいんだけど、
やっぱりハマちゃんが作るそれには、
プロの真骨頂がある。
その証拠に、ハマちゃんの料理を我が家で頂くと、必ずハイになる。
f0052956_15175632.jpg



そんなハイな食事中に二本目供される、
赤ワインは

バローロ。
f0052956_15181540.jpg



渋く沈んだネッビオーロのワインは、
しかしまだ新鮮で、活気に溢れた味。
このボトルもあっという間に空になった。


美味しい料理、
そしてワインをこの晩もありがとうはまちゃん、


f0052956_15183489.jpg


決して遠くは無いが、来年からかの地名古屋となれば、
しばらく家を訪ねてくれる人も無いだろう。

こんな時また、
一期一会、大切なんだな、と思う。
[PR]
by c7 | 2007-12-04 15:26 | 家ご飯


<< 鯛のブロードスパゲティー~ あ... 祝い膳イタリアーナ ~ ラザニア >>