頂きフジッリ ~ 職業と趣味の狭間





これもまたお得意の、ちょい前のお話で
夏もカンカンの盛りの頃、
あくゆうに誕生日と、小回りながら会社をおっ立てたお祝いに
ビール、では無く発泡酒をドンと送った、
気を使わせてしまったようで、しばらく後、お返しの不在伝票があった
ピンク・レディーかと思ったが


f0052956_1738787.jpg


開けたらペッパー警部じゃなくて
我が家で消費の多いパスタの詰め合わせ
感謝です。

まだまだ君には食べられないかな美乃里ちゃん、

とは言いながら、さてではどれから頂くか、
を、美乃里のチョイスでチョイス。

f0052956_17383044.jpgf0052956_17385472.jpg



なわけで、
今晩はフジッリに決定

ベースの味付けはバジリコペーストで、
なんか映りがカレーっぽいすな、でもバジリコソースです
予想図では黒オリーブとか入れたかったんだけど生憎我が家品切れだったので
それならと潔くシンプルなソースで仕立てた。



f0052956_17391385.jpg



実際はあまり創作、新イタリアンみたいなのが好きじゃない。
出来るならマンマの味

しかし最近ひょんなことから刺激を受けて、
肉肉にはまだ抵抗があるが、乗っけ系のパスタもありで良いかなと思い
生のビン長マグロをぶつにしてライドオン
適宜の塩を振り、長ネギを添えて。


味の完成度は兎も角、
素晴らしい、パスタってほんと宇宙だなと思う。
しかも生の魚を乗せたこの皿を前に
尚の事、鮨との近似点が見えてくる。

炭水化物と、塩と、具材他の調和なんだ

最近、料理を得意の趣味とする芸能人を見受けるが
もこみちだ、吉川だ、なんだと面倒くさい感じのやつばかりで
正直、意気消沈していた。
生業にしている人を前に料理が趣味だなんて、おこがましい、と思ってしまった。
でもパスタの組み合わせの自在さを今日のように感じられれば
割り切って料理を楽しもうと思える



f0052956_17393334.jpg


料理は人間特有の肥沃した娯楽だ、
だけどそれと同時にコスモスでもある。
[PR]
by c7 | 2007-09-27 17:41 | 家ご飯


<< アントワーヌ・シャトレ ~ 頑... 賑やかTABLE ~ 普段着使い >>