[PR]
by c7 | 2017-02-06 18:21 | 外食

2017/01/21  オステリア・ウネット ~ 証券街の肉イタリアン

f0052956_18131204.jpg


さて新年の食い道楽をネタに。
4.5年ほど前、週末よく通ることのあった道の、そのまた細い路地に
ウネットなる店があり
モツや肉類をウリにしたイタリアンの様だった
盟友バロさんとの恒例新年会の店に選んだのも度々痛飲していた、昔の事
その時も個室を用意して頂き、非常に美味しく楽しく過ごした
f0052956_18134930.jpg
時は移って、2017年
巷は炭水化物を排除し肉でダイエット!がりマッチョが猛烈な勢いで
席巻し、コメの立場も無いが反面肉を前面に押し出す店の夥しいこと限りない
そんなわけで立地は兜町程近く、の土曜とあっても賑わい、
個室は無理かと思い電話したら、
なんと可。
ダイエットの新機軸や、近ごろ女子の”私お肉好きなんです”(心の中では低糖質ダイエット♡)
みたいなものとは無関係にわがムスメは肉が好き。生魚はいつまでも食べられず淋しいが。
それではほんと久しぶりな家族イタリアン今宵もプリーズ
f0052956_18141550.jpg
乾杯はサンペレグリーノ。嫁はハウスワイン 娘はブドウジュース

f0052956_18144929.jpg

正直なところ、肉は勢いの分、野菜不足は否めないが
ベーシックにミストも嫌なので、
まず大麦とラム肉のサラダ、

f0052956_18160190.jpg
むすめはこの獣臭に一口でギブアップ
続いて、店のメニューではモツ煮と謳っていた、
まあトリッパなのかな、と、が、しかしながら
少々独特の内臓系の触感で、これも娘無理かと思ったら
美味い美味いと掬って食べた。
f0052956_18164168.jpg
話の腰を折ると、
わたしはバーニャカウダが嫌いだ、
後日ソースと言う意味だと知ることになったが
ずっと便所お風呂、の煮炊き、と言う名前だと思っていた。
ニンニクと牛乳で野菜を食べる、
なのにこれをスィーツ脳の女子が、嬉々として注文する。
バーニャカウダが嫌いだ。
つっても、嫁娘には勝てない。

f0052956_18170880.jpg
そして注文して出てきたバーキャカウダはオーセンティック物とは似ても似つかない
ホワイトソースチーズ風味の野菜の炊きものだった。
これは美味い
ソースが美味すぎて、うちではパプリカを食べもしない娘が
ここでわしわしと食った。
そして店の一押し、フィレンツェで屋台で食すもの、と言う、噂 の
ランプレドット
f0052956_18172661.jpg
とろける様なギアラの触感そしてセロリなどの香味、
オイルの乳化、スープなのか出汁なのか、飲み干すには少々塩分が気にはなるけれども
それをおしても飲みたい滋味のある液体だった、
もちろんこれだけ柔らかく内臓を調理する妙味が絶賛に値する
ボルテージあげる、ビステッカ。
熊本産のサーロインと北海道産のランプ肉
どちらにしますかと言われ決められず
両方

f0052956_18174558.jpg
軍配はサーロイン、店員の方も、こちらの方が出る、と言っていた
高温で表面をかっちり焼き上げ、中はレッドピンクの半生。
いい味出してました
この後一口炭水化物で
ゴルゴンゾーラのペンネを頼んだが、画像もないし、割愛。
少々塩がきつかった・
で、
食事はここで終え、帰宅後
辻口シェフの、バースデーケーキで嫁の誕生日を祝う大団円。
f0052956_18180448.jpg


ケンカしながら、口とんがらせもしながら
それでも家族は成熟していくって気にもなるのです。
ようやく


<< 2017/0219 久しぶりに... 山男 猫女ということ    2... >>