マイウェイ ニコ 佐藤光政





“シナトラってじじいが
マイウエイって歌うたうと、ラス・ベガス中が最高に盛り上がるらしいぜ“




楽器を手にした思春期の頃、もちろんフランク・シナトラなんて聞いたことはなかったが
洋楽かぶれのガキにとっては、そんなアメリカ音楽業界の風聞にもアンテナは向いた

You tubeも、パソコンンはおろかレンタルCDさえ無い30年前、
結局そのマイウェイを聞いたのは成人してから後の事だったし
そのマイウェイが、
シャンソンのコムダビチュードのカバーだと知るのも
もう何年も後の事だった


実際当時は
曲そのものをおちょくってるような
シド・ビシャスのカバーというか、バージョンに
嬌声を上げたものだ。





ところが、
自分の体験をよくよく探ってみると、
小学校三年の時分、
母親に連れられて鑑賞したコンサートで
この歌を、もちろん日本語版のを聞いてたのだ。


その人は佐藤光政というバリトン歌手で
東京藝大の声楽科を出て
パリのコンクールにも入賞もしたが
クラシックに限らず活動した音楽家

今この人の思い出を語るきっかけも、もちろん愛猫の死と関係がある

f0052956_1219234.jpg


感情を抑えるより、泣けるならそれもいいと音楽でも聞こうかと思い
ネットの情報サイトで
“ペットが死んだとき、泣ける曲”というような、ま、こちらも阿呆みたいな検索だが

人が勧める楽曲がこれまた
糞の役にも立たないような、おセンチにもほどがある、自意識過剰のクソみたいな曲ばかり。

こんなの聞いて涙も出なければ、掛けるだけでニコに失礼だ。そう思ったとき、
ふとマイウェイを聞いてみようと思った。
歌詞の中には、(人間だけど)この世を去る上で、
潔く、
辞世の句みたいな言葉もあり、
ニコの死に際しせめて聞くならこれならば赦せた





その時検索で出てきた1つが佐藤光政版だった


あらためて聞いて、この人の歌の正確さというか、技術、
そしてたゆまぬ努力みたいなものが垣間見えて
一つ間違えばおっさん歌謡みたいなこの曲が
まさに神がかって入ってきた。

先立たって書くけど、
こうやって音楽の自慢話めいた文をぶち上げているが
他人てそうそう勧められて音楽を聴くものでもないし
況やSNSでアップされている音楽なんて
ほとんどみな無視しているんじゃないだろうか、
自分自身、音楽は聞きたい時に聞きたいものを聞くのであって
ちょっとでも押し付けめいたものは全く聞かない。

だからこれで人に音楽を薦めているつもりは毛ほども無い
こう書いているのは、もちろん人に伝わる部分があればいいとは思う、けど
結局は自分の記録として書いている、
文章を書くために書いているしそれを読み返すために書いている
文章を淀みなく書けるようになれれば、それは生きる中である種の効力を持つのだ。
また、
出来上がった文章が誠実ならば、その時の自分を正しく映している鏡であり、
それをある日読み直すことは、自分を通過したすべての出来事を正直に残すログに成り得ると思う

自分のブログの有り体というものの神髄はここで、
正確に本当のまま、クソなものはクソとして、
美しいものを賛美することも正直に記録として残す



いま、最愛のニコを失い情緒不安定なんだろうけど
こんな回り道した告白をしてみたりしながら。

しかし佐藤光政

ネット上にあまりにも情報がないのには驚いた
ただ遠い記憶の限り、この人はメキシコの民族音楽や
浪曲、オペラ歌曲など、いろんなフォルクローレに精通していて
エリート風情を微塵も見せず、市井に立ち歌い続けている人
その音楽の表現は、どこか元カシオペアの神保のドラムを思わせる、
革命家、努力家、プロ意識、研鑽。
それでいて傲りがなく、
襟裳岬なんて演歌すれすれなものも、自分の物として伝えてくる。
これこそが音楽を愛しプロとして生きる腹でいる人だと思う。

先述のペットロスで聞く歌。。みたいな中に
千の風に乗って、なんてあったが、
全く箸にも棒にもかからない、
あまりの未熟さに思わずここに貼っておくけど



秋山雅史と言うこの人は親の七光りなのか何だか知らんが
よくこんな歌で映画の主題歌だのと、
世間が持ち上げたのか全然理解できない



心なんて汚くても歌がうまい人はいるだろう、
人間性が欠落した作家と言うのもよくある話だし、
別に紳士が芸術を作るわけではない、

ただ、偽物には歌も絵も文章を書くこともできないと思う。

逆説的に言えば、
出来ないから半端者なのだ。

歌であれ、何かへの愛であれ、真剣に全うできれば、
半端者の誹りは受けないのだ


分からない者には分からないだろう
子供より長く暮らした動物への 愛をこめて。
佐藤光政  MY WAY




[PR]
by c7 | 2014-10-06 12:27 | niko


<< 路地のあかり ~ 悪童追想 さようならニコ ありがとうニ... >>